このページの本文へ

篠原修司のアップルうわさ情報局 第689回

韓国メディアが報じた:

アップル「iPad mini」「iPad Air」どちらか有機ELディスプレーに?

2021年06月18日 09時00分更新

文● 篠原修司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルは来年発売する新型iPadの一部のモデルに有機ELディスプレーを採用する予定だ。韓国メディアETNewsが5月31日に報じた。

 同紙は業界筋からの話として、アップルは2022年にいくつかのiPadモデルに液晶ディスプレーの代わりに有機ELディスプレーを搭載することでメーカーと合意したと伝えている。

 今年5月に発売されたばかりiPad ProにはミニLEDディスプレーが搭載されているため、この一部のiPadは通常のiPadか、小型のiPad miniか、iPad Airのいずれかになると思われる。

 どれに採用されるのかはわからないが、コストを考えるとiPad miniかiPad Airの可能性が高いのではないだろうか。

 

筆者紹介:篠原修司

1983年生まれ。福岡県在住のフリーライター。IT、スマホ、ゲーム、ネットの話題やデマの検証を専門に記事を書いています。
Twitter:@digimaga
ブログ:デジタルマガジン

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中