このページの本文へ

実売価格は32万4500円前後

エミライ、“真空管アンプ級”うたう小型D級アンプ「Brooklyn AMP+」

2021年06月14日 14時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「Brooklyn AMP+」(Silver)

 エミライは6月11日、米Mytek Digitalのステレオパワーアンプ「Brooklyn AMP+」を発売した。価格はオープンプライスで、実売価格は32万4500円前後の見込み。カラーバリエーションはSilverとBlackの2種類。

「Brooklyn AMP+」(Black)

 本製品は、微小信号の再現性に優れ、色付けのない音ながら高い音楽性を持つというMytekブランドのサウンドシグネーチャーを継承したリファレンス・パワーアンプ。

 前機種で開発された、カスタム仕様のクラスDモジュールに、デンマークのPascal A/S製モジュールをベースとしたカスタム品を採用。前機種に比べ、より高速な650kHzのキャリアクロックを実現したとする。

 深い低音、優れたトランジェント、豊富な情報量を維持し、かつ美しいミッドレンジと奥行感を特長とする三極管真空管アンプのような音質が特長としている。

端子部

 RCAおよびXLR入力各1系統・バナナ端子対応スピーカー出力端子を備える。2種のゲインモード(0dB、+6dB)を搭載し、ステレオモード、バイアンプモード、ブリッジモードの3種類の設定を背面スイッチで切り替えられる。

主な仕様

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン