横浜都市発展記念館4階常設展示室にて

懐かしの市電を見よう 横浜都市発展記念館、横浜市営交通100年の歩みを紹介するコーナー展を開催中

文●横浜LOVEWalker

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 横浜都市発展記念館では、横浜市営交通100周年を記念したコーナー展「横浜市電のはじまり」を開催している。

 展示場所は4階常設展示室。1921(大正10)年に横浜市に電気局(現在の交通局)が設けられ、横浜市電が開始してから、今年で100年となる。

 関東大震災からの復興や市営バスの開始、1972(昭和47)年の市電の廃止、地下鉄の開業など、横浜市営交通の歩んだ100年の歴史を、同館の所蔵する資料をもとに紹介する。

※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、各自治体により自粛要請等が行なわれている可能性があります。あらかじめ最新の情報をご確認ください。
またお出かけの際は、手洗いやマスクの着用、咳エチケットなどの感染拡大の防止に充分ご協力いただくようお願いいたします。