このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

T教授の「戦略的衝動買い」 第636回

いまだにあるmicroUSBデバイス用に「両面差しmicroUSBケーブル」を衝動買い

2021年06月10日 12時00分更新

文● T教授 撮影●T教授 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

秋葉原の裏通りを散策していて、両端がmicroUSBとType-Aプラグの完全リバーシブルケーブルを300円で衝動買いした

 あまり確証はないが、筆者が初めて本体にUSB Type-Cコネクターの付いたスマートフォンを手に入れたのは、2016年末の“HUAWEI Mate 9”が最初だったような記憶がある。

 あれから数年の間にAndroidスマホの多くは、Type-Cポートを搭載した機種が大勢を占めた。スマホワールドだけを見る限り、差す時に毎回プラグの向きチェックの必要なmicroUSBなんか忘れて、Type-Cさえ押さえておけば何の不自由もない時代になったように思える。

 しかし、筆者の大好きな多くの楽しいガジェット系デバイスを見ると、まだまだレガシーで安価なmicroUSBポートを搭載した製品が多い。残念だがそのデバイスの充電だけのために、いまだにmicroUSBケーブルを保有している。さらに運の悪いことに、筆者は最初にトライした向きがたいてい反対だ。

ほとんどのAndroidスマホの充電・通信ポートはType-Cになったが、ガジェット系にはまだまだmicroUSBの製品が多くレガシーな使い勝手の悪いmicroUSBケーブルがいつまでも必要だ

 ご存じの方も多いだろうが、USBプラグで最初に登場したリバーシブルケーブルは、今も多くのデバイスが採用しているmicroUSBプラグではなく、パソコン側やACアダプター側に挿すホスト用Type-Aプラグだった。

 Type-A側なら当時はAndroidスマホもiPhoneも同じType-Aを採用していたので、より大きな市場が見込めると踏んでいくつかのケーブルメーカーやプラグメーカーが、“フリッパー”と呼ばれるニックネームのリバーシブルなType-Aプラグの商品を販売した。しかし期待に反して商品はさっぱり売れなかった。

 理由は極めて単純なことだった。Type-A側はリバーシブルで解決しても、反対側のmicroUSBはその時点ではリバーシブル対応できていなかった中途半端な商品だったからだ。

 当時のUSBケーブルの需要の主たる目的は充電で、多くのスマホユーザーは自宅やオフィスでは今と同様、Type-Aプラグ側はパソコンのUSBポートやACアダプターに差しっぱなし。頻繁に抜き差しするのはスマホ側のmicroUSBプラグだった。

 ノン・リバーシブルなら確率的に考えれば正しく挿さる確率は半々、挿抜回数の少ないType-Aでは決して画期的な発明ではないように感じるはずだ。誰でも少し考えてみればすぐにわかりそうなものだが、国内外の多くのメーカーや商社が大発明のように感じて一気に市場に突入して、悲しい結末を迎えた。

 今回の両面差しmicroUSBケーブルは例によって、筆者が暇に飽かして秋葉原バックストリートを定期回遊していて偶然見つけた便利グッズだ。ケーブルの両端に“リバーシブルなType-Aプラグ”と“リバーシブルなmicroUSBプラグ”の両方が取り付けられた充電・データ転送対応のUSBケーブルだ。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン