前へ 1 2 3 次へ

長く愛機として使えそうな1台、レノボ<Yoga Slim 750i Carbon>に誰もが惹かれるワケ

文●貝塚/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

提供(PR):レノボ・ジャパン

「インテル® Evo™ プラットフォーム」の雄
<Yoga Slim 750i Carbon>

 レノボ<Yoga Slim 750i Carbon>は、13.3型のモバイルノートPCだ。

 第11世代のインテル® Core™プロセッサーを搭載し、「インテル® Evo™ プラットフォーム」に準拠したモデルで、高強度のカーボンファイバー素材を使用しつつ、美しい純白のボディーを実現。約966gという軽さと、ミリタリーグレードを謳う耐久性を兼ね備える点が特長だ。

 「インテル® Evo™ プラットフォーム」は、現在のノートPC市場において、かなり信頼できる製品選択指標となっている。このプラットフォームに準拠した製品であれば、スペック面ではまず後悔しない選択であると言っていいと思うが、なかでも今回紹介する<Yoga Slim 750i Carbon>は、「インテル® Evo™ プラットフォーム」の信頼性を確かなものにしたという意味で、エポックメイキングな1台となっていると思う。

 実際に本機に触れてみると、その使用感は想像以上に機能的で、そのルックスは見た目から受ける印象以上にスマートでエレガントだ。また、スマートな外観とは裏腹に性能はパワフルで、これなら長く相棒として活躍してくれそうだというパフォーマンスを感じさせてくれる。本稿では、その仕様や本機を深く印象づける外観を中心に、誰もが惹かれてしまう<Yoga Slim 750i Carbon>の魅力を紹介しよう。

選べる2種類のインテル第11世代Core

 まずはスペックから見ていこう。<Yoga Slim 750i Carbon>の店頭モデルは2モデル展開で、インテル® Core™ i5-1135G7 プロセッサー(2.40GHz)搭載の「82EV003BJP」と、インテル® Core™ i7-1165G7 プロセッサー(2.80GHz)搭載の「82EV003AJP」が用意されている。

 そのほかのスペックは、8GBメモリ(LPDDR4X-4266 SDRAM)、512GB SSD(M.2 PCIe NVMe)、Windows 10 Home(64bit)、13.3型ディスプレイ(2560×1600ドット)、IR&720p HDカメラの標準搭載などと共通している。また、双方とも「Microsoft Office Home&Business 2019」がバンドルされている。

<Yoga Slim 750i Carbon>店頭モデルの主なスペック
型番 82EV003AJP 82EV003BJP
CPU インテル® Core™ i7-1165G7 プロセッサー インテル® Core™ i5-1135G7 プロセッサー
ディスプレイ 13.3インチ IPS液晶(2560x1600ドット)
グラフィックス Intel® Iris® Xe グラフィックス
メモリ 8GB(LDDR4X)
SSD 512GB(PCIe-NVMe)
サイズ/質量 約295.9x208.9x14.25mm/約966g

ディスプレイは180度まで展開する。チームのメンバーでディスプレイを覗き込むような用途にも対応しやすい

 長期に利用することを考えるなら、インテル® Core™ i7-1165G7モデルをおすすめしたいが、一方のインテル® Core™ i5-1135G7モデルも十分に高性能で、コスパ的には魅力的な選択肢だ。自身のノートPCの使用スタイルと照らし合わせて、好みのモデルを選んでほしい。


Ultrabook、Celeron、Celeron Inside、Core Inside、Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Atom、Intel Atom Inside、Intel Core、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Intel vPro、Intel Evo、Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium Inside、vProInside、Xeon、Xeon Phi、Xeon Inside、Intel Agilex、Arria、Cyclone、Movidius、eASIC、Iris、MAX、Intel RealSense、Select Solutions、Stratix、Intel Optaneは、Intel Corporation またはその子会社の商標です。

前へ 1 2 3 次へ