このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

あのクルマに乗りたい! 話題のクルマ試乗レポ 第118回

普通自動二輪免許で乗れるHonda異色のバイク「GB350」でスローライフを!

2021年05月30日 12時00分更新

文● 栗原祥光(@yosh_kurihara) 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Honda/GB350(55万円・税込)

 この春、Hondaからクラシカルなバイク「GB350」が発売されました。このGB350が、今までのHondaのイメージとはちょっと違うテイストに仕上げられた1台。早速試乗してみることにしましょう。

見た目ですぐわかる強烈な個性のバイク

Honda/GB350

 GB350は普通自動二輪免許で乗れるバイク。いわゆる旧車を彷彿させるデザインに、これまた排気量348ccの空冷単気筒OHC2バルブエンジンを搭載した、クラシカルなテイストの1台です。ちょっと古めかしいデザインは、年代を問わずに受け入れやすいのではないでしょうか。

GB350が搭載する排気量348ccの空冷単気筒OHC2バルブエンジン

排気管が1本しかないことからも、GB350が単気筒エンジンであることがわかる

 面白いのはエンジンで、明確な鼓動感や単気筒フィーリングを狙った完全新設計とのこと。最近の二輪用エンジンとしては珍しいロングストロークに設定されており、圧縮比も低めの9.5対1。これにより、3000回転で最大トルクを発生するという、実に街乗りで使いやすいエンジンに仕上げられています。Hondaのエンジンというと、回してナンボ、みたいなところがありますが、GB350のエンジンは逆に回さないでナンボ。ドッドッドッドッというフィーリングを楽しみましょうという設計なのです。ちなみにスペックで言えば、最高出力20馬力/最大トルク3.0kgm。同じ単気筒エンジンで排気量が下回る「CB250R」と比べて、最高出力は同じだけれど、トルクは0.7kgmほど上回ります。

シーソー式ペダルを採用した5速ミッション

 トランスミッションは5速リターン式で、シーソー式ペダルを採用。1速はかなりのローギヤードで、2~4速はクロス気味、2速がハイギアードなのですが、トルクの太さから5速2000回転で50km/hの巡行ができるほか、30km/hでもギクシャクせずに走ることも可能! その気になれば、5速でほとんどの速度域がカバーできてしまいます。

側面から見たGB350

 フレームは鋼管セミダブルクレードル。自転車乗りの方なら、クロモリフレームはしなってイイという話を聞いたことがあるかと思いますが、GB350のフレームもまさにそれ。剛性バランスが絶妙で、ライダーの要求に対して、適度に反応するフレームに仕上げられています。乾燥重量は180kg。既に同社から発売している単気筒エンジンモデルCB250Rが144kg、似たような300cc単気筒エンジンを搭載するBMW G310Rは158.5kgなので、ちょっと重めと言えます。とはいえ、例に挙げた2車種はGB350と比べてスポーツの要素が高いので、あまり比較にはならないかもしれませんが……。

前輪は19インチと大径

ブレーキは片側シングル

 タイヤは前輪19インチ、後輪18インチの組み合わせ。これが迫力のある見た目に寄与するばかりか、高い走破性と安定性を与えてくれることでしょう。

右ハンドル。スロットルのほかセルスイッチが設けられている

左ハンドル。ウインカースイッチがホーンボタンの下にある、Honda特有の配置

メーターは速度計の中に、オドメーター、時計、燃料、そしてシフトインジケーターを用意する

 ハンドル周りに目を向けると、実にコンサバティブ。メーターは指針式の速度計のみで、いわゆるタコメーターはありません。耳と振動でシフト操作をしましょう、というわけです。シフトインジケーターがついているので「今何速だっけ?」ということはありません。案外これ便利なんですよね。

ヘッドライトはLED式

 メーターの前に置かれたヘッドライトはLED式。上下2段配置で、言うまでもなく十分な光量があります。ウインカーも円形でクラシカルな印象を与えます。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ