このページの本文へ

FLIR Systems、ドローン向けの初のジンバル付き高解像度デュアル・サーマルカメラ「FLIR Vue TZ20」を発売

2021年05月14日 20時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 FLIR Systemsは5月14日、ドローン向け赤外線カメラ「FLIR Vue TZ20」の発売した。

 本製品はDJIのMatrice 200とMatrice 300シリーズの機体に合わせて開発された初のジンバル付き高解像度デュアル・サーマルカメラ。

 挟角と広角に解像度640×512のFLIR Boson サーマルカメラ・モジュールを採用したことで、20倍のデジタルズーム機能と合わせて一層高い状況認識力を発揮。公共の安全や産業分野における検査を遠近両面で完全に行なえるという。

 またIP44の保護等級で悪天候での利用も可能。重量は640g。

 本製品はフリアーまたは正規代理店で購入可能。詳細はこちらより。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン