このページの本文へ

プログラミング不要のロボット自動学習システム「COREVERY」により、ロボットによる粉体秤量に対応

2021年05月14日 11時50分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 エクサウィザーズは5月13日、同社が提供するロボット自動学習システム「COREVERY」による粉体製造業の現場向け秤量自動化AIシステムを開発。同システムはツムラの漢方薬における品質試験作業の効率化に向けて試験導入された。

 COREVERYは、AIやプログラミング知識がなくても、利用の状況に合わせて各種ロボットに動作を学習・実行させることが可能なロボット自動学習システム。単純作業の代替や熟練者の動作再現といったさまざまなシーンで活用できるという。

 粉体製造業の現場では、専用機を開発することで特定の粉体における秤量作業を自動化することはできても、そのほかの取り扱い対象である、特性の異なる数十種類の粉体の秤量自動化が難しいことが課題となっていたという。エクサウィザーズではCOREVERYを用いて、粉体製造業の現場向け秤量自動化AIシステムの開発を実現。「掬い取り制御」(粉体容器に対して、適切な粉体掬い取り位置を推定し一定量掬い取る※特許出願済み)と「振り落とし制御」(すくい取った粉体を振り落とし目標となる秤取量を達成する)の2つの動きをロボットに学習させることで、多様な粉体における高精度かつ人と同程度の作業スピードによる粉体秤量を可能とした。

 今回、129種類にわたる多品種・多物性の漢方薬の品質試験検体処理作業の効率化が課題となっているツムラの品質試験作業において2021年度研究開発部門に試験導入。2022年度中に漢方薬生産施設での導入を目指すとしている。

「ASCII STARTUPウィークリーレビュー」配信のご案内

ASCII STARTUPでは、「ASCII STARTUPウィークリーレビュー」と題したメールマガジンにて、国内最先端のスタートアップ情報、イベントレポート、関連するエコシステム識者などの取材成果を毎週月曜に配信しています。興味がある方は、以下の登録フォームボタンをクリックいただき、メールアドレスの設定をお願いいたします。

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

スタートアップ連載一覧
ピックアップ