このページの本文へ

マカフィー、デバイスからクラウドまでの保護などを戦略の中核に据えた、2021年の法人向けビジネス事業戦略を発表

2021年05月12日 20時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 マカフィーは5月12日、2021年の法人向けビジネス事業戦略を発表した。2021年は、デバイスからクラウドまでの保護に加え、サイバーセキュリティーのプラットフォーマーとして、すべての脅威経路において包括的な脅威防御とデータ保護を提供することを戦略の中核に据え、推進していくとのこと。

 2020年は、新型コロナウイルス感染症によるパンデミックの中、急速に進んだ在宅勤務と、それに伴うクラウドサービス利用の増加で、企業のデジタルトランスフォーメーションが加速した。だが、在宅勤務者や急速なクラウドサービス導入の対応に追われるIT部門、セキュリティー部門の死角を狙い、ニューノーマルに適応した攻撃を仕掛けるサイバー犯罪者や、2021年には世界で350万人の人材が不足すると予測されるセキュリティー人材などの課題が浮上している。

 これらの課題から企業では、クラウド環境やネットワーク、重要なデータを保護するため、セキュリティーへのニーズが高まっている。そこで同社は、クラウドネイティブでオープンなMVISIONという単一のセキュリティープラットフォームに各種セキュリティー機能を統合することで、包括的な脅威防御およびデータ保護を実現していくとのこと。

 また、エンドポイント、ネットワーク、クラウドまでのすべての脅威に対して可視性と制御を確保するとともに、お客様のビジネスを維持、成長させるためのクラウドへの迅速で安全な移行、プロアクティブなリスク管理と効率向上による敵に先んじた高度なセキュリティー運用の実現に注力していくと述べている。

■関連サイト

カテゴリートップへ

マカフィーは大切なものを守ります。