このページの本文へ

ガイアックス、ブロックチェーン活用のLiDARネットワーク基盤を京都大学らとシステム開発、社会実験開始

2021年05月10日 18時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ガイアックスと新熊亮一教授と京都大学は5月10日、ブロックチェーンを活用したLiDARネットワーク基盤のシステムソフトウェアを開発し、4月1日より京大図書館等での社会実験を開始したことを発表した。

 本基盤は、複数のイメージセンサーから取得したデータを統合した広範囲のデータをブロックチェーンによってリアルタイムに保護した状態で共有できるようにし、AIによる予測検知、自律制御のためのデータ共有等へ応用可能にした。

 実証実験は、開発してきたシステムを稼働し、実地での複数のLiDARを用いた3Dイメージデータの取得ならびにそれらを統合したネットワーク基盤の構築し、実環境での稼働実験を実施する。京都大学桂図書館は三密の検知、京都リサーチパーク地区・百万遍交差点北は交通事故のリスク予測の実験をする。期間は4月から2022年3月で行なわれる。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン