このページの本文へ

トヨタとENEOS、Woven Cityでの水素エネルギー利活用の具体的な検討を開始

2021年05月10日 17時40分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ウーブン・プラネット・ホールディングスは5月10日、ENEOSとトヨタ自動車が、静岡県裾野市でトヨタ自動車が建設を進めるWoven City(ウーブン・シティ)での水素エネルギー利活用について、具体的な検討を進めることに基本合意したと発表した。

 両社は、トヨタ自動車の子会社でソフトウェアを中心としたモビリティーの開発を担うウーブン・プラネット・ホールディングスとともに、水素を「つくる」「運ぶ」「使う」という一連のサプライチェーンに関する実証をWoven Cityおよびその近隣で実施する。

 ENEOSは、四大都市圏において商用水素ステーションを45ヵ所展開し、本格的な水素の大量消費社会を見据えたCO2フリー水素のサプライチェーン構築や水素製造に関する技術開発にも取り組み、エネルギーの低炭素化を推進している。

 トヨタは、水素を将来の有力なクリーンエネルギーと位置付け、乗用車から商用車、産業車両、鉄道、船、定置式発電にいたるまで、さまざまな用途での水素および燃料電池(FC)技術の開発・普及に取り組んでいる。

 両社は、それぞれの水素に関する知見を活かし、さまざまな実証を通じてWoven Cityにおけるモビリティー、人のくらし、そして街全体のカーボンニュートラルを目指し、水素を身近に感じてもらいながら、豊かさと持続可能性が両立する社会の実現にチャレンジするとしている。

 両社は今後、以下4項目における具体的な検討を進めていくとのこと。なお、ウーブン・プラネット・ホールディングスは、トヨタとともにWoven Cityの企画を進めていく。

 ・ENEOSによるWoven City近隣での水素ステーションの建設・運営。
 
 ・ENEOSが上記水素ステーションに設置した水電解装置にて、再生可能エネルギー由来の水素(グリーン水素)を製造し、Woven Cityに供給。トヨタが定置式FC発電機をWoven City内に設置し、グリーン水素を使用。
 
 ・Woven Cityおよびその近隣における物流車両のFC化の推進と、FC車両を中心とした水素需要の原単位の検証およびその需給管理システムの構築。
 
 ・Woven Cityの敷地内に設置予定の実証拠点における水素供給に関する先端技術研究。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ