このページの本文へ

Sknet「MonsterX 4Ks」

デジカメをウェブカメラ化できるSknetの4K HDMIキャプチャーユニット

2021年05月09日 00時34分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 エスケイネットから、デジタルカメラやデジタルビデオをウェブカメラ化できる4K HDMIキャプチャーユニット「MonsterX 4Ks」が発売された。価格は1万4979円。ツクモパソコン本店、TSUKUMO eX.で販売中だ。

デジタルカメラやデジタルビデオをウェブカメラ化できる4K HDMIキャプチャーユニット「MonsterX 4Ks」

 USBに接続するだけで簡単に映像を取り込める4K HDMIキャプチャーユニットの新製品。デジタルビデオやデジタルカメラを接続するだけでウェブカメラにできるため、オートフォーカスや露出機能などにより綺麗な映像を配信可能になる。

Skype/Facebook/OBS/Zoom/Webex/Teamsに対応しゲームの配信にも最適

 2台同時接続も可能で、高画質な画面配信とあわせてデジタルカメラで実況シーンの同時配信もできる。インターフェースはUSB3.0、電源はバスパワー駆動で、解像度は3840×2160ドット/30fpsに対応する。映像データ形式はYuY2/NV12/RGB、音声形式はフォーマットがL-PCM、サンプリングレートが32/44.1/48kHzとなる。

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中