このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

あのクルマに乗りたい! 話題のクルマ試乗レポ 第112回

普通二輪免許で乗れる! 一番安いBMW、BMW Motorrad「G310R」で風を感じる

2021年05月09日 12時00分更新

文● 栗原祥光(@yosh_kurihara) モデル●美環(@puritendon) 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

一番安いかもしれないBMW!
BMW Motorrad「G310R」

 BMWといえば、クルマはもちろんバイクでも高級ブランド。特にバイクは大型自動二輪免許がないと乗ることができないモデルばかりで、手を出しにくいのが正直なところ。ですが、BMWモトラッドのラインナップの中にも、普通二輪でも乗れるモデルがあります。さっそくそのモデルをバイク大好き美環さんとともに楽しんできました!

BMWモトラッド/G310R(62万3000円~)

 モデルの名前は「G310R」。型番通り排気量313ccの単気筒エンジンを搭載したネイキッドスポーツバイクです。価格は62万3000円と、BMWの車両の中で最も安価! つまり「もっとも手に入れやすいBMW」なのです。

「BMWですよ! BMW」と美環さん

複雑な面で構成されたG310Rの燃料タンク

G310Rのサイドビュー

G310Rのフロントマスク

G310Rのリアビュー

印象的な表情のフロントマスク

 「タンクまわりのデザインがイイですね。空気の流れを感じます」と造形作家の美環さんは鋭くチェック。全体にエッジの効いたストファイ(ストリートファイター)スタイルはカッコイイのひと言! 実にイマドキのバイクといえます。

エンジンまわりとマフラー

排気ポートが後方に設けられている

 313ccと、ちょっと中途半端に思える単気筒エンジンは、よく見ると排気管が後ろから出る珍しいタイプ。「普通は排気管が前ですよね」と美環さん。バイクに詳しい方なら、ヤマハのサンマ(TZR250の2型、3MA)と似ていると言えばおわかりいただけるでしょうか。この独特なエンジンレイアウトの狙いは、シリンダーヘッドを傾けられることで重心が下がるばかりか、吸気口率の向上やエアボックスのコンパクト化が図られるとか。さらにエンジンをなるべく前方に配置できることから、スイングアームを長く設計するためで、直進安定性や旋回性に効果があるそうです。

 使用する燃料は、カタログによるとレギュラーガソリン。ですが、貸出担当の方の話ではハイオクの方が望ましいとのこと。なぜなら欧州のレギュラーガソリンのオクタン価は、日本のハイオクに相当するから、なのだとか。確かに欧州系輸入四輪車の多くは、ハイオク指定が多いです。燃料タンクの容量は11リットル(リザーブ約1リットル)。カタログによると燃料消費率は30.3 km/L(WMTCモード値クラス3 ※1名乗車時)なので、1回の給油で300km以上走行できるようです。

身長150cm前後の美環さんが乗車した様子

美環さんが乗車した時の後ろから見た様子

身長185㎝、体重は美環さんの2倍以上ある筆者が乗車した様子

筆者が座った様子

 シート高は785mmと国産400ccとあまり変わりません。身長約150cmの美環さんでも、厚底シューズを履けば届く様子。ちなみにディーラーオプションで着座位置が標準より15mm低くできるローシート(3万6520円)が用意されていますので、より足つき性が向上します。

 タンクおよびハンドルはやや幅広で、どしっとした印象です。「見た目と違って、足が届きました!」と美環さんはうれしそう。ちなみにBMWモトラッドの設計基準は180cmなのだそう。そこで185cm、体重は美環さんの倍以上あるオッサンバイカーの筆者もまたがってみたところ、ペタンコなスニーカーでも足べったり。

G310Rのメーターパネル

G310Rの右手ハンドル部

G310Rの左手ハンドル部

G310Rのフロントブレーキ

 メーター類もデジタル表示で見やすいものです。ただ、ウインカーを点灯させた時、表示上ではどちらのウインカーが点灯しているのかがわからない、という程度でしょうか。操作系は輸入車だからといって特別なことは何もありません。ただ、エンジンをかける際、セルモーターのボタンは結構長く押す傾向で、さらにニュートラルに入れた状態ですと、ちょっとかかりづらい様子。しかし、1速に入れるとすんなりかかる模様。

 数多くのバイクに乗ってきた美環さんも「なんでですかね。日本車だとどのポジションでもかかるんですけれどね」とあまり経験がないご様子。

 それでは早速、街にくりだしましょう。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ