このページの本文へ

アプトポッドはダッシュボード「Visual M2M Data Visualizer」の最新バージョンを公開

2021年04月28日 18時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Visual M2M Data Visualizer

 アプトポッドは4月26日、ウェブベースの可視化ダッシュボード「Visual M2M Data Visualizer」の最新バージョンをリリース。また、可視化用パーツ「ビジュアルパーツ」を開発するためのソフトウェア開発キット(Visual Parts SDK)の提供を開始する。

 Visual M2M Data Visualizerは、intdashのデータパイプライン上を流れるリアルタイムストリーミングや、プラットフォーム上に蓄積された過去の計測データなど、様々な時系列データを多彩に可視化するウェブベースのダッシュボードアプリケーション。直感的な操作でパネルにデータとパーツをはめ込むだけで、ユーザー自身で自由にダッシュボードを構成することが可能となる。

 最新バージョン(ver3.0.0)では、Visual Parts SDK に対応したほか、ヘッダーロゴ変更機能(左上のVisual M2Mロゴ画像を希望の画像に変更可能)が備わった。

 Visual Parts SDKはJavaScriptを使ってVisual M2M Data Visualizerで使用する可視化用パーツを開発するための開発用キット。ユーザー自身によるオリジナルパーツの開発を可能にし、マップ表現や様々な機器やセンサー固有の可視化に対応した自社IoTシステム/サービス向けのUIアプリケーションの提供が可能となる。

intdash SDK

 また、アプトポッドでは高速IoTプラットフォーム「intdash」と繋がるユーザーアプリケーションを開発するための開発キット「intdash SDK」のSwift版である「intdash SDK for Swift」の提供も開始した。intdash SDK for Swiftを使うことで、iOSアプリケーションの開発に用いられるプログラミング言語Swiftでの開発が可能となる。

「ASCII STARTUPウィークリーレビュー」配信のご案内

ASCII STARTUPでは、「ASCII STARTUPウィークリーレビュー」と題したメールマガジンにて、国内最先端のスタートアップ情報、イベントレポート、関連するエコシステム識者などの取材成果を毎週月曜に配信しています。興味がある方は、以下の登録フォームボタンをクリックいただき、メールアドレスの設定をお願いいたします。

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

スタートアップ連載一覧
ピックアップ