このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

T教授の「戦略的衝動買い」 第630回

3km先も撮れる“デジタル望遠鏡”「Anyty」(エニティ)を衝動買い

2021年04月29日 12時00分更新

文● T教授 撮影●T教授 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「Anyty デジタル望遠鏡」は、デジタルズーム4.2倍の付いた50倍望遠鏡カメラ

 コロナ禍で長くステイホームが続くと、どうしてもネットショッピングやメールニュースなどで紹介される商品を見る機会や時間が多くなってしまう。そんな昨年末に届いたメールニュースで偶然知った「デジタル望遠鏡」という分かったようで、よく分からないネーミングの商品を衝動買いしてしまった。

パッケージ表面のアイコンで機能の概要は分かる

 あいにく自宅断捨離の真っ最中に届いてしまったので、なんと3月末頃までその商品の到着や存在すら完全に忘れてしまっていた。

 デジタル望遠鏡という名称だが、実際には“アナログ50倍の望遠鏡”にデジカメ機能を搭載した望遠鏡ズームビデオカメラだ。遠くにある被写体を50倍に拡大して、最大4.2倍までデジタルズームしてお好みの大きさで見て内蔵microSDカードに記録できる。

 同梱品は写真に写っているもののほかに、microSDカード(8GB)とUSB ACアダプター、miniUSBケーブルが付属する。

同梱品はこれら以外にUSB/ACアダプター、miniUSBケーブル

早速、本体の仕様をチェック

 デジタル望遠鏡本体には、125度までチルトする5インチ液晶モニター(解像度960×540ピクセル)が付属。大きな仰角や俯角でも被写体を見ながらの撮影が可能だ。搭載しているカメラはCMOSで約1400万画素、静止画を最大4976×2800ピクセル、動画は1080×720ピクセルで撮影できる。

チルトするディスプレーで被写体の確認はしやすい

チルト角は最大125度。ディスプレー下には操作ボタンが並ぶ

 本体の両側面にはミニHDMI-OUT、microSDカードスロット(最大32GB)、TV-OUT端子、拡大・縮小レバー、5V/miniUSB充電端子、Trigger(有線リモコン)接続端子が配置されている。

本体左側面には、HDMI-OUT、microSDカードスロット、TV-OUT

本体右側面には、デジタルズームのジョグスイッチ、miniUSB入力端子、Trigger(有線リモコン)端子がある

 50倍の高倍率で撮影中に、本体スイッチ類に振れるのは確実に画像のブレの原因となるので、3つの専用ボタンとジョグスイッチ機能のあるTriggerが付属する。Triggerの3つのボタンでコントロールできるのは、上から順に、動画、静止画、再生の各モード切替、シャッター(撮影ボタン)、microSDカードに記録された映像の再生ボタンだ。

 側面にあるジョグスイッチは、レバーの上げ下げだけでブレのないズームイン、ズームアウトをやってくれる。

Triggerの3個のボタンを使って撮影モードの切り替え、シャッター、再生ができる

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン