このページの本文へ

カスペルスキー、中小企業向けエンドポイントにEDR機能のプレビュー版を追加

2021年04月22日 19時40分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 カスペルスキーは4月22日、「Kaspersky Endpoint Security Cloud」にEDR機能をプレビュー版として追加した。

 小~中規模の企業向けクラウドベース製品Kaspersky Endpoint Security(KES)Cloudのエディションのひとつ「KES Cloud Plus」に追加した機能で、2021年末まで無償プレビュー版としてKES Cloud Plusのライセンスで試用できる。

 「Endpoint Detection and Response Preview」では、脅威の拡散経路や感染したエンドポイントの情報(OSのバージョン、ユーザー)、感染したファイル名とハッシュ値、ファイル作成・変更、起動パラメーターなどの詳細をKES Cloudのオンライン管理コンソールで確認できる。

 エンドポイントへの侵入経路を把握することで、IT管理者はセキュリティーポリシーの調整や必要に応じた保護製品の追加、従業員への注意喚起などの対策を講じることが可能となる。

カテゴリートップへ

ピックアップ