このページの本文へ

前後カメラがセットになった、Wi-Fi対応のドライブレコーダー

2021年04月22日 10時00分更新

文● 鈴鹿 廻 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Wi-Fi機能を搭載した前後カメラセットのドライブレコーダー「DrivePro 620」(型番:TS-DP620A-32G)がトランセンドから発売。東映ランドにて2万4800円で販売されている。

Wi-Fi機能を搭載し、スマホに録画データをダウンロードすることも可能な新製品。前後撮影用に2台のカメラがセットになっている

 スマートフォンから録画データにアクセス、データのダウンロードも可能なWi-Fi機能を搭載しているデュアルドライブレコーダー。専用アプリを使用して録画メディアの録画データにアクセスできるため、万が一事故が発生した場合でもメモリカードを抜き挿しせずにデータを取り出せる。

 フロント用とリア用のカメラが同梱され、それぞれのカメラには低照度でも高解像度の映像を録画できるソニーのSTARVISセンサーを採用。1080p/60fps、画角140度のワイドで鮮明な映像が記録できる。録画メディアはmicroSDカードで、製品には前後カメラ用に2枚の32GB microSDHCカードも付属している。

内蔵のGPS/GLONASSにより位置情報も保存できるなど、高機能な製品。カメラにもソニーの高性能センサーが採用されている

 フロントカメラには2.4型サイズの小型液晶を搭載。衝撃検知録画のGセンサーやパーキングモードなど定番のドラレコ機能のほか、走行速度や長時間運転、車線逸脱防止、前方衝突警報などのアラーム機能を備えている。

 また、前後のカメラはいずれもシガーソケット給電。付属のケーブルとカーアダプターを使用して給電する仕組み。さらに万が一のためにカメラ本体にはバッテリーも内蔵、事故などで電源供給が絶たれた場合でも記録を継続できる。

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ