grasysがTenableとパートナー契約を締結。Tenableの脆弱性管理プラットフォームを活用したサービスとTenable製品の導入支援を開始

文●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 クラウドインフラやデータ分析基盤を設計・構築・運用するgrasysは4月21日、IT脆弱性管理市場のパイオニアであるTenableとパートナー契約を締結し、Tenableの脆弱性(サイバーリスク)管理プラットフォームを活用したサービスとTenable製品の導入支援を開始する。

 Tenableは、ソフトウェア環境のアタックサーフェス(攻撃対象領域)全体のサイバーリスクを正確に把握するための包括的な脆弱性管理プラットフォームを提供している。

 同社はTenableとのパートナー契約締結によって、セキュリティー・ソリューションを組み込んだサービスの提供を開始し、安心して利用できるクラウドインフラを実現するという。

 また、複雑化するアタックサーフェスや増加・多様化する脆弱性に対応するためにTenable製品の導入を検討している国内企業に対し、製品の販売や導入支援を開始する。

 今後も同社はサイバーセキュリティーなど各分野をリードする先進パートナーとの連携によりサービスを強化し、時代と共に変化し続けるクライアントのニーズに応える最適なクラウドインフラを提供していくとコメントしている。

過去記事アーカイブ

2021年
03月
04月
05月
2020年
04月
05月
08月
09月
10月
11月
12月
2018年
09月
2017年
06月
2014年
07月