このページの本文へ

柳谷智宣がAdobe Acrobat DCを使い倒してみた 第132回

Acrobatウェブ版でPDF変換から電子サイン、パスワード保護までできる!

2021年05月10日 09時00分更新

文● 柳谷智宣 編集●MOVIEW 清水

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 本連載は、Adobe Acrobat DCを使いこなすための使い方やTIPSを紹介する。第132回は、PDF変換から電子サイン、パスワード保護など、Acrobatのウェブ版で使えるようになったPDF編集ツールについて紹介する。

 Adobeは2021年2月に「Acrobat web」をリリースした。ブラウザー上でAcrobat DCのようなPDF操作を利用できるサービスだ。

 細かい編集機能を利用する際は「Acrobat DC」へリンクされるが、PDFへの変換や画像やOffice文書にエクスポート、テキストや注釈を追加ページの整理などができる。共有は勿論、コメントを入れてもらうこともできるし、Adobe Signを利用して署名を依頼することもできる。

 もちろん、ログインしていなかったり、無料アカウントの場合は、回数制限はあるのだが、一通りの機能を利用できるのはユーザーとしては嬉しいところ。もう無料で使える海外製の怪しいソフトやウェブサービスに手を出す必要はない。本家本元のAdobeがこれだけのPDF編集ツールを無料で公開したのだから、是非活用しよう。

「Acrobat web」のメイン画面

 たとえば、WordファイルをPDFファイルにするなら「変換」メニューから「WordをPDFに変換」を開き、ファイルをドラッグ&ドロップすればいい。すぐに変換が始まり、ダウンロードできるようになる。

 AdobeのオンラインストレージであるDocument Cloudに保存したり、他のユーザーと共有したいのであれば、Adobeアカウントでログインする必要がある。

「変換」メニューから「WordをPDFに変換」をクリックする

ファイルをアップロードするとすぐに変換が始まる

PDFをダウンロードできる

一定回数が過ぎると、利用できなくなる

 この機能のうちいくつかは、「.new」ドメインと連携しており、「PDF.new」を開くと、「ファイルドロップでPDF変換」のページが表示され、Microsoft Office文書や画像ファイルをPDFに変換できる。「CompressPDF.new」ではPDFを圧縮、「Sign.new」では入力と署名がダイレクトに利用できる。

 昨年8月からGoogleと連携して始まったサービスで、すでに1000万回以上も利用されているそうだ。「Acrobat web」を検索してアクセスする手間が省けるので覚えてえおこう。

「PDF.new」ドメインでPDFに変換できるページが開く

「CompressPDF.new」で巨大なPDFを小さくできる

英語で表示されたら画面下の「Change region」で「日本」に設定すればいい

 Adobeアカウントでサインインするとできることが増える。もちろん無料で利用でき、GoogleやApple、Facebookなどのソーシャルアカウントを使うこともできるので手間はかからない。

 ただし、こちらも1日で利用できる回数が決まっており、上限に達すると登録を促される。24時間経つとリセットされ、また使えるようになる。Acrobat DCを契約しているアカウントでサインインすると、制限なく利用できる。

 Acrobat DCは1契約で2台までインストールできるが、出張時に借りたPCなどでPDFを扱いたい時に活躍してくれることだろう。

「Acrobat web」にサインインした画面。Acrobat DCのように何でもできる

無料アカウントだと一定回数で制限がかかる

Acrobat DCを利用していれば、「Acrobat web」を使い倒せる

■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事

目からウロコのPDF使いこなし術【アクロバット連載100回記念放送】