このページの本文へ

5月13日より提供を開始

ウイングアーク1st、「Dr.Sum Cloud」に中堅企業向けのEntryライセンスを追加へ

2021年04月14日 19時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Dr.Sum Cloudの特徴

 ウイングアーク1stは4月14日、クラウド版のデータ基盤ソリューション「Dr.Sum Cloud」の既存3ライセンス(Small/Medium/Large)に加え、新たにEntryライセンスを発表した。価格は月額16万5000円で、5月13日より提供を開始する。

 Dr.Sum Cloudは、企業内に蓄積された様々なデータの高速集計エンジン「Dr.Sum」のクラウド版で、データを可視化するインターフェースとしてBIダッシュボード「MotionBoard Cloud」と連携することで、クラウド環境での高速集計・分析業務が可能になるソリューション。

 新たにリリースするEntryライセンスは、中堅企業を主なターゲットとし、将来拡張運用を想定しているスモールスタートや、スピーディーかつ簡易的に部門単位で導入したい場合に、導入しやすいスペックと価格体系としている。Dr.Sum Cloudのラインアップと料金は以下の通り。

Dr.Sum Cloudのラインアップと料金

 また、Dr.Sum Cloudと社内の様々なデータソースの統合やデータ更新の自動化を実現する「Dr.Sum Connect Cloud」も提供を開始する。価格は月額11万円から。

 本サービスは、「Dr.Sum Connect」(ETLツール)のクラウド版で、企業内外に散在するさまざまなデータソースと連携し、データの事前加工や更新処理などの運用の自動化をはかる。モデルの拡張と柔軟な連携を実現することで、サービス利用企業のデータ集計・分析を高速化できるという。

カテゴリートップへ

ピックアップ