このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

ファーウェイ通信 第145回

キッズモードも搭載し、家族みんなで気軽に使いこなせる!

お手頃にして大画面のタブレット新製品「HUAWEI MatePad T 10/10s」レビュー

2021年04月23日 11時00分更新

文● 加藤肇、ASCII 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 スマホにはじまり、PC、ウェアラブル、オーディオと、多彩なジャンルにわたるファーウェイ製品を毎回詳しくレビューしている「ファーウェイ通信」。今回紹介するのは、エントリークラスのタブレット新製品2モデル。2万円台という購入しやすい価格と日々の利用シーンで必要十分な性能を両立させた「HUAWEI MatePad T 10」と「HUAWEI MatePad T 10s」を取り上げる。

今回はタブレットの新モデル2機種を紹介。ともに比較的お手頃な価格帯の製品だ

日常生活で気軽に使いこなしたい!
お手頃価格の9.7型タブレット「HUAWEI MatePad T 10」

 ビジネスでもエンタメでも、さまざまな用途で利用できるタブレット。ファーウェイの「HUAWEI MatePad」シリーズには、画面サイズや処理能力などにおいて個性の異なる3モデルがラインアップされているが、今回紹介する「HUAWEI MatePad T 10」と「HUAWEI MatePad T 10s」は新たに登場したエントリークラスの製品。2万円台という購入しやすい価格が魅力のモデルだ。

約9.7型ディスプレーを搭載する「HUAWEI MatePad T 10」

カラバリはディプシーブルー。マットな質感が印象的

 まずは、HUAWEI MatePad T 10のスペックから紹介していこう。CPUはオクタコアの「HUAWEI Kirin 710A」で、メモリーは2GB、ストレージは32GB。約9.7型(解像度は1280×800ドット)のIPS液晶ディスプレーを搭載し、バッテリー容量は5100mAh。写真・動画の閲覧やウェブでの調べ物など、日常生活の用途に必要十分な性能を備えている。

500gを切っており、比較的長時間にわたり、動画視聴や電子書籍を読んでも疲れにくい

厚さは約7.9mm

 軽量かつコンパクトな本体も、HUAWEI MatePad T 10の特長だ。大画面ながら、本体の厚みは約7.9mm、重量も約450gと軽量なため、長時間使用していても疲れにくい。本体の角部分がラウンドしており、手に優しくフィットするのもポイントだ。

角は丸みを帯びた形状になっている

 高級感が漂うデザインも、エントリークラスとは思えない仕上がり。サンドブラスト加工が施されたメタルボディーはマットな質感で、老若男女に似合うシンプルなスタイルだ。本体色はディープシーブルーのみとなっている。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
ファーウェイ・オンラインストア 楽天市場店