• Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

アップデートに先駆け、4月22日午前3時よりコミュニティ・ライブストリームを実施予定

『シヴィライゼーション VI』最後のゲーム・アップデートが4月23日に配信!

2021年04月13日 18時20分更新

文● Zenon/ASCII

 2Kは4月13日、『シドマイヤーズ シヴィライゼーション VI』の2021年4月のゲーム・アップデートで行なわれる変更、調整、追加要素などを紹介する動画を公開した。

 ゲーム本編を持っていれば誰でも無料で楽しめる、この最新にして最後となるアップデートは、2021年4月23日に配信となる。

 また、アップデートの配信に先駆け、日本時間の2021年4月22日午前3時より、コミュニティ・ライブストリームを行なうことも発表している。

■2021年4月アップデート配信のお知らせ

※日本語字幕でご覧いただくためには、画面右下より字幕設定をONにしてください。

以下、リリースより。

 このアップデートをもって、『シドマイヤーズ シヴィライゼーション VI』の、シーズンパス「ニューフロンティア・パス ~新たな世界への誘い」の全コンテンツの配信が終了します。

 今月のアップデートには、最新の指導者と足並みをそろえるために実装された既存の文明の調整と、プレイヤーの皆さまからのご意見を反映した変更が含まれています。

 加えて、すべての文明で使用できる新ユニット3種類、「史実と同じ」マップ2つ、そして航海中のスリルが高まる海洋AIのバランス調整が追加されます。

 過去数ヵ月に渡って新たな指導者や文明を追加してきた開発チームは、ゲームバランスを保つために既存の文明にも調整を加えました。この調整はスペイン、クメール、中国、マプチェ、カナダ、グルジアなど多くの文明が対象となっています。

 詳しい情報は、後日公開されるパッチノートをご覧ください。

 2021年4月のアップデートでは、すべての文明が使用できる3種類のユニット「戦列歩兵」「メンアットアームズ」そしてご要望の多かった「トレビュシェット」が追加されます。

 それぞれのユニットは、特定エリアでユニットの成長速度が変わるため、開発チームは全体的なユニットの強さを見直しました。

 新しいユニットが強力なアップグレードに感じられ、戦闘における性能差を縮められるよういくつかの変更が加えられています。

 「史実と同じ」マップでのプレイをお楽しみいただいている皆さまは、ぜひ2021年4月のアップデートで追加される「史実と同じ地点(地中海)」「史実と同じ地点(地球 - 巨大)」をプレイしてみてください。海洋AIが改良され、海洋ユニットをより有効的に使うようになったため、海洋における生産や戦争に関わる戦略の選択の幅が広がるはずです。

 2021年4月のゲーム・アップデートは、「『シドマイヤーズ シヴィライゼーション VI』ニューフロンティア・パス ~新たな世界への誘い」の、全体コンテンツロードマップに含まれている最後の無料アップデートで、ゲーム本編をお持ちの方全員がご利用いただけます。

※一部のバランス調整はゲーム本編に含まれない文明や指導者に関するものです。

 

【ゲーム情報】

タイトル:シドマイヤーズ シヴィライゼーション VI
ジャンル:ストラテジーゲーム
販売:2K/テイクツー・インタラクティブ・ジャパン
開発:Firaxis Games/Aspyr Media
プラットフォーム:Xbox One/PlayStation 4/Nintendo Switch/PC
発売日:発売中(2016年10月21日)
価格:6930円(パッケージ版)/6315円(ダウンロード版)
CERO:B(12歳以上対象)

この記事をシェアしよう

ASCII.jpの最新情報を購読しよう