FRONTIER、拡張性に優れたマイクロタワーPC「GXシリーズ」からインテル第11世代Coreプロセッサー搭載モデルが登場

文●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 インバースネットはオリジナルBTOパソコンブランド「FRONTIER」にて、拡張性に優れたマイクロタワーPC「GXシリーズ」よりインテル第11世代Coreプロセッサー搭載モデル3機種を発売した。

 マザーボードにはB560チップセットを搭載するASRock製「B560M-HDV」を採用。飽和電流を効果的に増加させる新世代プレミアムパワーチョークの搭載によりVcore電圧を強化・向上するほか、PCI Express 4.0に対応するため最新ビデオカードやNVMe SSDも速度の制限なく動作し、インテル第11世代Coreプロセッサーとの組み合わせで威力を発揮するという。

 ケースはスタイリッシュかつエアフローを考慮したフロントパネルを採用。およそ幅190×高さ356×奥行421mmとコンパクトながら大型ビデオカードや、最大4基のストレージも搭載可能。

 3モデルが用意され、インテルCore i5-11400FとNVIDIA GeForce GTX 1650を搭載モデルが9万9800円、Core i7-11700FとGeForce GTX 1660 SUPERのモデルが13万4800円、Core i7-11700FとGeForce RTX 3070のモデルが21万4800円。

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
04月
2020年
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
02月
03月
06月
07月
08月
09月
11月
2018年
01月
09月
2017年
06月
10月
2016年
12月