このページの本文へ

渋谷ヤスヒトの「腕時計」トレンド・ニュース解説 第6回

ロレックスやチューダーが新作を発表「Watches & Wonders」オンラインで開催

2021年04月13日 12時00分更新

文● 渋谷ヤスヒト 編集●飯島恵里子/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Watches & Wonders Geneva

 世界が新型コロナウイルス危機に陥る前、2019年までは時計好きが楽しみにしている大きなお祭りがありました。スイスのジュネーブとバーゼル、2つの都市で開催される2大時計フェアです。正式名称は「Watches & Wonders Geneva(ウォッチ & ワンダー ジュネーブ)」(以下、W & WG)と「BaselWorld(バーゼルワールド)」。

 200年を超える老舗から設立されたばかりの新星、さらに個人時計師まで数百を超える時計ブランドが、この2つのフェアで新作を発表してきました。「これを見ないと時計ビジネスは不可能」と言われたこの2つのビッグイベントが中止になり、はや2年目になりました。

 新型コロナウイルスによる世界規模の危機は、この「2大フェア」という構図も壊しました。バーゼルワールドは100年以上の歴史をもつ世界最大級の見本市だったにもかかわらず、中止をめぐるゴタゴタもありなんと消滅することに。バーゼルワールドの事務局は「アワーユニバース」と改名して復活を狙っていますが、十中八九無理だと思います。

SIHH開催時の様子

 一方、ジュネーブのW & WG(旧SIHH、通称ジュネーブサロン)は2020年に史上初めてオンラインフェアとして開催され、2021年はバーゼルワールドを離脱したロレックスなども加わって参加ブランドが拡大。今年もオンラインになってしまいましたが、2022年はフィジカル(リアル)な世界最大の時計フェアになるでしょう。

 今年のW & WGの会期は4月7日から13日まで。2020年は新作発表イベントが難しかったので、新作発表を控え目にしたという理由もあり、今年はその分、新作が豊富でしかも魅力的なものがたくさん揃っています。フェアの構成や演出も、初めてオンライン化された2020年と違い、2年目の今年は双方向性を採り入れるなど、格段にレベルアップ。

W & WGのサイトより。事前登録をしていなくても、発表ブランドの一覧にはアクセスできる

 W & WGのサイトは記者や時計業界向けの事前登録制という構成のため、一般のかたがアクセスしても深い階層まで見ることはできませんが、ロレックスやカルティエ、チューダー、シャネル、ヴァシュロン・コンスタンタンやウブロ、ゼニス、タグ・ホイヤーなど、出展各社の様子をうかがい知ることができます。

 またブランドによっては公式サイトで、発表したばかりの新作モデルの画像やプロモーション動画をすでに公開しています。

チューダーのプロモーション動画は小気味よく新作を紹介する

 個人的なオススメは、クラブDJのように音とナレーションでテンポ良く、歯切れよく新作を紹介するチューダーの新作プロモーション動画です。

 2020年のガマンの1年を経て、時計ブランドが満を持して発表した新作ウォッチの数々。出展ブランドの中から、気になるブランドをぜひチェックしてみてください。

 

■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
注目記事ランキング
ピックアップ