このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

ロードマップでわかる!当世プロセッサー事情 第610回

Ice Lake-SPが発表、前世代より大幅に性能が向上したというが…… インテル CPUロードマップ

2021年04月12日 12時00分更新

文● 大原雄介(http://www.yusuke-ohara.com/) 編集●北村/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 CPUロードマップと言いつつ、相変わらずGPUの話も入っているが、まぁそれはそれとして、インテルCPUに動きがあったのでロードマップを更新しよう。

Xe-HPGはただの宝探しゲームでした

 まず連載607回の最後で触れたXe HPGの話だ。その後、https://xehpg.intel.com/のページは“Secret Codeを入力しろ”に変わった。で、再びその動画に戻るわけだが、開始5秒付近と17秒付近にそれぞれ謎の座標が記されているのがわかる。

開始5秒付近の映像。すごく読み取りにくいのだが“43.0823N”とある

17秒付近の映像。こちらは比較的読み取りやすく“79.0731W”である

 それを、Google Mapで調べると“Niagara Falls”(ナイアガラの滝)であった。これがSecret Codeだった模様だ。ただすでにこのSecret Codeを入力できる期間は過ぎている(4月9日に終了)。Secret Codeを正しく入力した人を対象に抽選が行なわれ、当選者にはIntel Software Advantage Program Game Bundleで提供される17種類のゲームの中から3種類のゲーム(合計200ドル相当)を獲得できるというもので、おまけに対象者は米国・カナダ・英国の3ヵ国のみであった。

そういえば、頻繁にアメリカに行っていたわりに、まだナイアガラには行ったことがなかった。あまり観光に興味がないので、それほど行きたいわけでもないのだが

 というわけで、見事な肩透かしに終わった格好だ。ちなみにまだ続きはあるようだが、具体的なスケジュールなどは公開されていない(“coming soon”だそうで)。逆に言えば、まだ当分Xe HPGは登場しないということになる。

Ice Lake-SPがやっと発売

 3月22日に“How wonderful Gets Done 2020”と呼ばれるイベントが予告され、これが4月7日に開催され、同日国内でも説明会があった。ここで、やっとIce Lake-SPベースの第3世代Xeon Scalableが公式に発売されたことになる。

 もともと2018年頃のロードマップで言えば、2018年中にCascade Lakeが、2019年にCooper Lakeが、2020年にIce LakeがそれぞれXeon向けに投入されるはずであった。ちなみにこのCooper LakeとIce Lakeでは共通のプラットフォームを採用する予定になっていた。

2018年のロードマップ

 これが翌年どうなったか? というのが下の画像で、そもそもCascade Lakeの投入が遅延。またCooper Lakeも後送りになり、2020年は4/8ソケット向けがCooper Lake、1/2ソケット向けがIce Lakeに変更になっている。ただこの時点でもまだ、Ice Lakeは2020年前半中に量産出荷を予定していた。

2019年のロードマップ

 これが2020年の8月になると、2020年中にまで後退。そして2020年10月にはこれが2021年第1四半期に後退したという話は連載586回で触れた通り。

2020年のロードマップ

 この時には「出荷時期はRocket Lakeと同じころではないのか?」と予想したが、実際には第1四半期を過ぎて第2四半期に入って、やっと量産出荷を開始した格好だ。当初(どこを“当初”の起点にするかは議論がありそうだが)の予定からすると1年弱遅延した格好である。それでも無事に発売にこぎつけたのだから、まずはなによりである。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン