• Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

「CORSAIR AXON Hyper-Processing」によりポーリングレート8000Hzと高い応答性を実現

CORSAIRの超コンパクトで高耐久な60%キーボード「K65 RGB MINI」が日本上陸、テンキーやファンクションキーなどを省略

2021年04月08日 22時00分更新

文● 八尋 編集●ASCII

「K65 RGB MINI」

 CORSAIRは4月8日、ゲーミング向けの60%キーボード「K65 RGB MINI」を日本で発売すると発表した。4月17日に発売予定で、価格は1万4080円。

日本で発売されるモデルは、日本語キー配列を採用

 K65 RGB MINIは、テンキーや「F1」~「F12」のファンクションキー、矢印キーなどを省略し、筐体ギリギリまでキーを詰めることで超コンパクトサイズを実現。「60%キーボード」と呼ばれるフォームファクタを採用しており、設置スペースを省略できるため、マウスを大きく動かせるほか、持ち運びにも最適となっている。

「60%キーボード」と呼ばれるフォームファクタを採用

 同社独自の「CORSAIR AXON Hyper-Processing」テクノロジーにより、ポーリングレート8000Hzと高い応答性を実現しているのも特徴。キーキャップには、高耐久の「PBT DOUBLE-SHOT PRO」を採用するほか、メカニカルキースイッチ「CHERRY MX Speed RGB」を搭載している。

主な特徴

 8MBのオンボードストレージを備え、50プロファイルまで保存可能。これにより、ソフトウェア「iCUE」から好みのオンボード・ショートカットをカスタムできる。iCUEではRGBライトのカスタマイズも可能なほか、スペースキーは通常タイプと、放射線状の模様からRGBライトが見えるタイプも同梱している。

8MBのオンボードストレージを搭載

 インターフェースはUSB Type-Cを採用。編み込み式のケーブルは着脱可能なため、持ち運びにも最適としている。

着脱可能な編み込み式のUSB Type-Cケーブル

 そのほか、カスタム用のキーキャップ「PBT DOUBLE-SHOT PRO KEYCAP MOD KIT」も発売予定。カラバリは「Elgato Blue」「Rogue Pink」「Origin Red」「Onyx Black」「Mint Green」「Arctic White」を用意している。こちらは5月中旬に発売予定で、価格は未定。

「PBT DOUBLE-SHOT PRO KEYCAP MOD KIT」(別売)により好みのカスタマイズが可能

カラバリは6色

■関連サイト

この記事をシェアしよう

ASCII.jpの最新情報を購読しよう