このページの本文へ

在宅時間の増加も追い風に

じわじわ売れてる!? 1.5万円以下のANC搭載ヘッドホンのオススメを紹介

2021年04月03日 17時00分更新

文● 野村ケンジ 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

アップルがAirPods Maxで敢えて参入したことも話題に

 いま、ANC(アクティブノイズキャンセリング)機能付き“ヘッドホン”が密かなブームだったりする。

 「え、何を今さら!?」と思う人が多いかもしれない。確かに、ANC機能付きヘッドホンはいまや定番といえる製品のひとつになっている。現在は、ANC機能付きの完全ワイヤレスイヤホン”も続々と登場してきた。しかしながら、このごろはあえてANC機能付きの“ヘッドホン”を選ぶ人が増えてきているのだ。

長時間装着するなら、イヤホンより疲れにくい

 その理由は至ってシンプル。イヤホンで主流になっているカナル型(イヤーカナル=外耳道)を長時間使い続けるのは少々厳しい、と感じている人が少なからずいるからだ。

 カナル型イヤホンは、耳栓タイプの形状を持つことから、音質のためにも脱落を防ぐためにも、装着時は密閉性を高く保持する必要がある。こういったピッタリした装着感を苦手という人は昔から一定数いたが、おうち時間が増え、イヤホンを長時間装着する機会が多くなったことで、“カナル型イヤホンの長時間使用は厳しい”と感じる人が増えたのだろう。昨年あたりから急にANC機能付ヘッドホンのニーズが高まってきたのだ。

 また、“外音取り込み機能付きのANC”ヘッドホンが人気という部分にも、現在のニーズが窺い知れる。自宅だけでなく、オフィスや屋外など様々な場所で使用する機会が多くなってきているため、しっかりと騒音を消してくれると同時に、時に外音が聞ける製品であることも重要となっているのだろう。

WH-1000XM4は実売4万2000円程度の高級機種。

 さて、ANC搭載ヘッドホンで話題にあがるのはどちらかというと、多機能なタイプだ。例えば、ソニー「WH-1000XM4」は、スマートフォンの位置情報と連動してANCの効き具合や外音取り込みを自動でオン/オフできるなど、インテリジェントな製品だ。また、Bang & Olufsen「Beoplay HX」を皮切りに、環境に合わせてANCの効き具合を自動調整してくれるクアルコムの最新技術「デジタルアダプティブANC搭載」を搭載するモデルも登場し始めた。今後はさらに便利になってくれそうだ。

6万円弱と効果だが、Beoplay HXはクアルコムのデジタルアダプティブANC対応機種になっている。

 とはいえ、こういった製品は価格的に高くなりがちだ。そこで、ここでは手軽にANCヘッドホンの魅力を楽しめる1.5万円の予算を目安に、特に人気の高いハイコストパフォーマンスモデルを3機種選んで、紹介していきたい。

イチオシは、ag「WHP01K」

 イチオシとしてオススメしたい製品がag「WHP01K」だ。音質に強いこだわりを持つジャパンブランド・finalが音質を含め、トータルコーディネートしたのがagブランド。登場から1年半ほどの期間で、完全ワイヤレスイヤホン製品を10製品ほどリリース。その音質や使い勝手のよさ、さらにはコストパフォーマンスの高さなどにより、一躍注目の的となったブランドである。

WHP01K(実売価格9800円程度)

 そんなagが初めて手がけた“ヘッドホン”がこのWHP01Kだ。フィードフォワード/フィードバック2種類のマイクによる「ハイブリッドノイズキャンセリング機能」(デュアルノイズキャンセリングなどとも呼ばれる)を1万円を切る価格で搭載している。

 音質に妥協がないこともag製品らしさと言えるところ。ドライバーの音響特性を徹底的に追求しつつ、Bluetoothに起因する高域のクセを調整することで、クリアな聴き疲れのないサウンドを実現しているという。

 はたしてそのサウンドは? 確かにag製品共通の良質さ、聴き心地のよさを感じる。中域がしっかりとした厚みを持ち、それにキレのよい煌びやかな高域が重なることで、ボーカルが活き活きとした歌声を聴かせてくれる。低域も必要充分な量感を保っているため、迫力もノリの良さも充分に味わえる。

 そのほかにも、低遅延なaptX LLコーデックに対応していたり、最大35時間の連続再生ができるロングライフバッテリー、密閉感の高さと良好な装着感を併せ持つ低反発イヤーパッドなど、機能とデザインの両面から、とても1万円を着る価格の製品とは思えないクオリティーを持ち合わせている。外音取り込み機能がないことが唯一の弱点だが、それを補ってあまりある内容を持つ超ハイコストパフォーマンスモデルなので、大いにオススメしたい。

捨てがたいのがソニー「WH-CH710N」

 もうひとつオススメしたい製品が、ソニーのエントリー~ミドルクラスに位置する「WH-CH710N」だ。こちらも、フィードフォワード/フィードバック2種類のマイクによるデュアルノイズキャンセリング機能を搭載。さらに、外音取り込み機能も持つ。ことANC機能に関しては破格の内容を持ち合わせているのが特徴だ。

WH-CH710Nは1万2000円弱で買える(2021年4月現在)

 このほかにも、最大35時間のロングライフバッテリーの搭載や約223gの軽量ボディ、低反発イヤーパッドによる快適な装着感など、実際の使い勝手もなかなかに良好。対応コーデックはSBCとAACのみとなっているが、それほど不満には思わないはず。なかなか絶妙なパッケージに纏められている、魅力度の高い製品だ。

スカルキャンディー「Hesh ANC」は、なくしにくい

 もっとパワフルで、迫力あるサウンドのANCヘッドホンがほしい、という人にはスカルキャンディーの「Hesh ANC」はどうだろう。こちらも、左右2つずつトータル4つのマイクによって高いノイズキャンセリング機能を発揮。同時に、外音取り込み機能も備わっている。

Hesh ANCは実売価格1万5000円弱。

 また、紛失防止機能の「Tile」(タイル)に対応しており、Bluetooth接続が切れたおおよその場所を追跡できるほか、ヘッドホンからアラーム音を出して見つけやすくすることも可能となっている。複数の部屋を持ち運んで扱う際、この機能はなかなか便利だったりする。

 デザインと音、どちらも魅力的な製品だ。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン