前へ 1 2 3 次へ

中小企業情シス担当者のための“IPv6対応入門”2021年版第4回

LAN内のホストにIPv6アドレスを割り当て、IPv6インターネットに対応させる作業と注意点

オフィスネットワークの「IPv6対応」を完成させる

文●大塚昭彦/TECH.ASCII.jp 監修● 久保田 聡/日本ネットワークイネイブラー

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 中小企業のオフィスネットワークをIPv6対応させ、快適なビジネスネットワーク環境を構築するための手順やポイントを紹介していく本連載。オフィスネットワークのIPv6対応を3ステップで進めることを提案してきたが、今回はその第3ステップである「LAN内も含めたIPv6対応」について解説しよう。この作業を実施することで、IPv6対応が完成することになる。

ステップ3「LAN内も含めたIPv6対応」の目的と完成形

 本稿ではこれまで、ステップ1の記事ではインターネットアクセス回線(WAN)のIPv6対応を、ステップ2の記事ではWANにおけるインターネットブレイクアウト(ローカルブレイクアウト)を行ってきた。ただしこれらはあくまでも外側(WAN側)の変更作業であり、内側(LAN側)にはまだ手を着けていない。今回のステップ3ではここに着手する。

 具体的には、LAN内の業務PCやサーバー、スマートデバイスなどに対してIPv6アドレスを割り当てる。これによって、インターネット上のWebサービスやアプリケーションとIPv6プロトコルで通信できるようになる。

 本稿では、すでにステップ1で「v6プラス」などのIPoE IPv6+IPv4 over IPv6サービスを導入済みである。ただし、この時点ではまだLAN内のホストはIPv4アドレスしか割り当てられておらず、IPv4プロトコルによるインターネット通信(IPv4 over IPv6)のみとなっていた。

 もちろん、これだけでもインターネットトラフィックが混雑の少ないIPoE IPv6経路上を通ることになるため、Webコンテンツアクセスの快適さを向上させる効果はある。ただし「IPv6コンテンツにIPv6プロトコルでアクセスする」という、最も通信効率の良い形態にはまだなっていないわけだ。

 今回、LAN内のホストにIPv6アドレスを割り当てることで、次の図のようなインターネットアクセス環境が実現することになる。この図ではIPv6トラフィックを赤線、IPv4トラフィックを青線で示している。

今回の作業により、LAN内もIPv6対応(IPv4/IPv6デュアルスタック環境)になる

 誤解を招かないよう書いておくが、ここではLAN内をIPv6のみの環境にするのではなく、IPv6/IPv4のデュアルスタック環境にするのである。従来から使っているIPv4アドレスはそのままで、新たにIPv6アドレスも追加して“IPv4 LANの上からIPv6のLANをかぶせる”ようなイメージだ。

 IPv4コンテンツにアクセスする場合は、ユーザー側のルーターに割り当てられたグローバルIPv4アドレスを複数ホスト間で共有するため、ルーターではローカル/グローバルアドレスのNAPT処理が行われる。一方で、IPv6アクセスの場合は各ホストにグローバルIPv6アドレスが割り当てられているのでNAPT処理は不要だ。これにより、NAPT処理のオーバーヘッドが発生しない効率のよい通信ができる。

 こうしたデュアルスタックのオフィスネットワークにすることで、たとえばIPv6非対応のホスト(デバイス)もそのまま利用できるし、これまでどおり社内の業務システムやファイルサーバーにはIPv4アドレスを使ってアクセスできる。そしてもちろん“IPv4オンリー”なインターネットコンテンツにも、引き続きIPv4 over IPv6経由でアクセスできる。

前へ 1 2 3 次へ

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
04月
2020年
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2012年
02月
2011年
05月
07月
2010年
08月
09月