grasys blog

Windows 10でGCPを便利に使うためのTips

文●fukushima/grasys 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

本記事はgrasys が提供する「grasys blog」に掲載されたWindows 10でGCPを便利に使うTipsを再編集したものです。

 銀河に光る虹色のスペクトル!キュアコスモ!

 こんにちはgrasysの福嶌です。

 キュアコスモのスカートの配色ってマイクロソフトのロゴみたいですね(無理やりなこじつけ)。

 弊社のエンジニアは皆Macが支給されており、あまり使うことが少ないWindowsですが今回はWindows 10でGCPを便利に使うTipsを書いていきますでルン。

 なお、わたくしはスタプリではキュアセレーネが好きです(ヒーリングっどは絶賛キュアグレースを応援してるラビ!)。

 前提としてWindows 10 Pro(version 2004)にPowerShell 7を使って書いています。また、Google Cloud SDKが入ってる状態です(gcloud initまでやっていますん)。

 Cloud SDKのWindows用のクイックスタートはこちら

Cloud ToolsをPowerShellで使う

 WindowsユーザーであればPowerShellから使いたくなりますね! Cloud Tools for PowerShellってのがあります。Azure PowerShellみたいなものです。入れ方は簡単! 以下のコマンドを実行するだけ!

# 以下のコマンドを実行するだけ!
PS> Install-Module GoogleCloud

 上記のコマンドを実行して次にコマンドレットが使用できるようになったか確認してみましょう。

# プロジェクトのgcsバケットの一覧を取得
PS> Get-GcsBucket

 以下のような出力が出れば大丈夫です。例は自分のプロジェクトのバケットの一覧(+試しにバケットを作成してみました。新しく出たWindows Terminal使いやすいですね~)

 はい。これでコマンドレットが使えるようになりました。 今回はGCSを例にしましたが様々なコマンドレットが使えます。一度、コマンドレット リファレンスに目を通してみるといいかもしれません。

Visual StudioでGCPを使う

 Visual Studio上で開発してるときにデプロイなどVisual Studio上で楽をしたくなりますよね(意訳:Visual Studio × Azureって結構使いやすかったりしますよね)。

 Visual Studio × GCPだとCloud Tools for Visual Studioがあります。

 試しに親の顔ほどみたASP.NET Coreのスタートページをpublishしてみましょう(Visual Studio 2019だと作成時にエラーが出てどうしようもないので今回はVisual Studio 2017で実施してます)。

1. ツール > 拡張機能と更新プログラムからオンラインの項目でgoogleと検索(Google Cloud Tools for Visual Studioをダウンロード)

2. 初回のみツール > Google Cloud Tool > Show Google Cloud Explorerを開いてアカウント連携をしましょう。

3. インストールが終わったら新しいプロジェクトを作成

4. localhostでとりあえず動かしてみる

 いつもの画面!

5. ソリューション・エクスプローラからプロジェクト名を右クリックしてPublish to Google Cloud...を選択

 5.1. サービスの選択(今回はGoogle App Engineフレキシブルを選択)

 5.2. Publish先を選択

6. デプロイが終わったら表示されてるか確認

 ちゃんと表示されてますね!

 はい。これでVisual StudioアプリケーションをGoogle Cloud Platformにデプロイできるようになります。Visual Studio便利ですね! これでより一層、開発が捗りますね!

PowerBIからBigQueryに接続する

 Tableauを使っててデータソースが豊富なのを魅力に感じたことはありませんか? 私はあります。

 実はMicrosoftが出しているPower BI Desktopも結構データソースは豊富なのです。

 BigQueryを利用しているとデータの視覚化は逃げられないですよね。試しにPowerBIからBigQueryに接続してみましょう。 今回は試しに簡単なBQに繋いでみます。

※接続するにはODBCドライバが必要ですので前もってインストールしておきましょう。

1. データソースを選択します(今回もちろんBigQuery)

2. データセットの選択

3. データのプレビューが表示(表示されるまでは長い…)

4. 接続の方法を選択(今回はデータ量も少ないのでインポートにした)

5. 適当にグラフを作る(PowerBI力が無くて泣ける)

 はい。これで問題なく接続できてグラフを作成できました。簡単ですね。PowerBIもっと流行れ(願望)

まとめ

 これにておしまいです。

 そういえばWindows 7と共に2020年1月14日卒業した窓辺ななみちゃんはキュアブロッサムでしたね。

 先日開催されていたMicrosoft Build 2020でWSL2やWindows Terminalが正式リリースされましたね~。またWindows用パッケージマネージャーのwingetというものがプレビューリリースされたりとWindows 10は日々進化してますね。

 今までWindowsじゃなくてMacでしか開発できないということがなくなってきたのかなと個人的に感じています(iOSよ。お前は別だ)。

 また、GCP×Windowsの動きとしてはGoogle Kubernetes Engine(GKE)がWindows Serverコンテナを正式サポートを始めたりと目まぐるしく進化しています。

 Windowsを食わず嫌いをせずに触って見るのも面白いのではないかと思いますフワ~!

 現場からは以上です!

■関連サイト

過去記事アーカイブ

2021年
03月
04月
05月
2020年
04月
05月
08月
09月
10月
11月
12月
2018年
09月
2017年
06月
2014年
07月