このページの本文へ

ドコモ・au・ソフトバンク対応のLTE搭載モデルも用意

マウス、Core i7-1165G7搭載でWi-Fi 6対応の14型ビジネスノートPC

2021年03月09日 15時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 マウスコンピューターは3月9日、法人向けブランド「MousePro」から、第11世代インテルCoreプロセッサーを搭載する14型ビジネスノートPC「MousePro NB4」シリーズを発売した。標準モデルのウェブ販売価格は13万1780円。

 本製品は、Wi-Fi 6に対応する無線LANモジュールも標準搭載する14型ノートPC。最大2.4Gbpsの高速通信や帯域を分割して同時に複数の端末と通信できるOFDMA方式にも対応する。最大動作時間は約20時間。折りたたみ時の本体サイズは、およそ幅322×奥行き216.8×高さ16.9mm。

 Wi-Fi 6の搭載にくわえて、ドコモ・au・ソフトバンクの3キャリアに対応するLTEモジュールを標準搭載するモデルもラインアップする。LTE搭載モデルのウェブ販売価格は14万8280円。

 本体の天面と底面部分にマグネシウム合金を採用し、重さおよそ1.12kg、厚さおよそ16.9mmのスリムな筐体と、MIL-STD-810G規格に準拠する信頼性テスト10項目をクリアした堅牢性を実現した。通勤や営業、出張など移動の多いビジネスシーンに最適とする。

 主なスペックは、CPUがCore i7-1165G7、メモリーが8GB、ストレージが256GB SSD(M.2/NVMe対応)、OSはWindows 10 Pro 64bit。インターフェースはUBS Type-A×2(USB 3.1×1、USB 3.0×1)、HDMI×1、USB Type-C(Thunderbolt 4対応)などを装備する。USB Type-Cは、USB Power Deliveryに対応するACアダプターや周辺機器から本体への充電、DisplayPort Alt Modeによる映像出力、最大40Gbpsのデータ通信が可能だ。

カテゴリートップへ