バッファローの高性能WiFiルーター付で初期導入も安心

ゲーミングチェアも当たる!スピーディアのv6プラス+光回線キャンペーンがすごい

文●大谷イビサ 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 快適なゲーム環境やテレワークを実現するのに必須とも言える安定したインターネット接続環境。回線の導入や切り替えを検討しているのであれば、豪華賞品が当たるv6プラスキャンペーンをぜひ利用してほしい。お得なキャンペーンの内容やサービスの概要についてスピーディア 法人満足室の細川氏に話を聞いた。

スピーディア 法人満足室の細川氏

IPv6に不安を持っているユーザーに優しいキャンペーン

 今年で設立20年を迎えるスピーディアは宮城県の仙台市に本拠地を置く通信事業者。「光コラボレーション」と呼ばれるNTT東西のフレッツ光回線の卸売りやISPのオペレーションを支援するサービスのOEM提供、「SIS(Speedia Internet Service)」と呼ばれる自社ブランドのインターネット接続サービス提供、仙台駅前近くでの都市型データセンターの運用など、幅広い事業を展開している。最近ではNTTドコモの「ドコモ光」回線とSISをワンパッケージにした「スピーディアインターネットサービス for ドコモ光」に注力している。

 スピーディアはISP及び光コラボレーションOEMだけでなく、その顧客の情報を管理するシステムを自社で開発を行なっているのが大きな強みだ。「個々の事業者の要望にきめ細かく対応できるところです。個別の機能が欲しいとか、表示を変えたいといったカスタマイズにも応じることができます。大手事業者に比べても柔軟性は高いと思います」(細川氏)。

 さて、今回期間限定で提供されるv6プラスのキャンペーンは、v6プラスを提供する日本ネットワークイネイブラー(JPNE)と同社がサポートするeスポーツチーム「FAV gaming」とのコラボで実現したもの。FAV gamingが登場していることもあり、おもにゲームプレイヤーに焦点を当てている。

FAV gamingが全面応援するv6プラスのキャンペーン

 キャンペーンで申し込むと、もともと月額基本料金1,320円(税込)だったISPサービス「SIS(v6プラス)」がなんと月額550円(税込)で提供される。しかも2ヶ月間は解約違約金が発生しないため、v6プラスを試してみたいというユーザーにも最適だ。細川氏は、「まずは実際に導入いただいて、v6プラスの使い勝手を試してもらいたいですね。オンラインゲームが使えないという不安を持っている方もいらっしゃいますので、実際に試すことで不安を解消できるかと。v6プラスを導入したいけど一歩踏み出せないユーザーにはかなりやさしいキャンペーンだと思います」と語る。

光回線のお申し込みで高性能Wi-Fiルーターと豪華賞品が当たる

 SIS(v6プラス)と光回線をセットにしたSIS光でも特別料金が用意されている。戸建ての月額5,489円(税込)が4,730円(税込)に、マンションの月額4,389円(税込)が3,630円(税込)になる。この値段でIPv6のインターネット接続と光回線が自宅に引けるとは、四半世紀インターネットを見てきた立場からすると、隔世の感がある。

 特筆すべきは、バッファロー製の高性能なWiFiルーター「WSR-2533DHP3-BK」もセットで提供されるという点だ。調べてもらえばわかるが、この機種は高速CPUや4×4のMIMOアンテナを搭載しており、価格も9000円くらいする。つまり、「安かろう悪かろう」ではないスペックのルーターが付いてくる。しかも、当然v6プラス対応で、煩雑な設定も不要なので、導入の不安も解消可能だ。

バッファロー製の「WSR-2533DHP3-BK」が付いてくる

 抽選で当たる豪華賞品も実に太っ腹だ。「iPhone 12 mini Black 128GB」が3名様に、「Contieaks Eigerゲーミングチェア」が10名様に、「Amazonギフトカード3,000円分」が100名様に当たるとのことで、セレクトもすばらしい。個人的にはテレワークに役立つだろうゲーミングチェアはとても気になる。

 今回のキャンペーンはFAV gamingをメインに出し、ゲームユーザーをターゲットにしているが、新規のインターネット接続を導入したいという要望の背景にはテレワークでの需要も大きいという。「ご自宅のインターネットで速度の不満を感じるお客さんは増えています。テレワークでWeb会議ツールを使ってみたら画面が固まり、調べてみたら速度が全然出てないという声はよくあります」(細川氏)。

 こうしたユーザーに対しても、v6プラスは最適だ。v6プラスであれば、IPv4のようにPPPoE網の終端でボトルネックとなることがないため、仕組み的に速くなる。以前に比べて、動かないアプリケーションも少なくなり、料金的にも手軽。「速度や通信品質が向上するなら、多少価格が上がってもv6プラスを使いたいというユーザーは増えています」(細川氏)とのことなので、ぜひキャンペーンを機にIPv6のインターネットの世界に飛び込んではいかがだろうか? キャンペーンは2021年4月30日(金)までだ。

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
04月
2020年
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2012年
02月
2011年
05月
07月
2010年
08月
09月