このページの本文へ

ASCII Power Review ― 第116回

ROG Zephyrus G15 実機レビュー = Ryzen+RTX30搭載なのにスリム&軽量のゲーミングノート-倶楽部情報局

2021年03月08日 18時00分更新

文● ASCII倶楽部編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アスキーの会員サービスASCII倶楽部では、会員の方だけが読めるさまざまな連載や特集が毎日更新中。

 本日は、ASCII倶楽部の人気記事「ROG Zephyrus G15 実機レビュー = Ryzen+RTX30搭載なのにスリム&軽量のゲーミングノート」を紹介します。


 ASUS JAPANは3月3日、ROG(Republic of Gamers)ブランドから15.6型ゲーミングノートPC「ROG Zephyrus G15」を発売した。価格は21万9800円から(税込、以下同)。

 本製品は最上位モデルに、7nmプロセスで製造された8コア16スレッドCPU「AMD Ryzen 9 5900HS」と、「NVIDIA GeForce RTX 3080」が組み合わされており、最新3Dゲームだけでなく、クリエイティブ系アプリも軽々動作させられるパフォーマンスを備えている。

 また処理性能が高いだけでなく、約1.99kgのボディー、約11.6時間のバッテリー駆動時間を実現しており、毎日持ち歩けるハイパフォーマンスマシンに仕上がっているのだ!

ASUS JAPAN「ROG Zephyrus G15」21万9800円~

最新CPU「AMD Ryzen 9 5900HS」とディスクリートGPU「NVIDIA GeForce RTX 3080」が組み合わされている

最新「Zen 3」世代のモバイルプロセッサーにRTX30で最強!

 本製品には下記の4モデルがラインアップされている。

・GA503QS-R9R3080W(32万9800円)
ムーンライトホワイト/Win 10 Home/Ryzen 9 5900HS/RTX3080/RAM32GB/SSD1TB (3月3日発売)
・GA503QS-R9R3080G(32万9800円)
エクリプスグレー/Win 10 Home/Ryzen 9 5900HS/RTX3080/RAM32GB/SSD1TB (3月中旬発売)
・GA503QS-R7R3080WP(29万9800円)
ムーンライトホワイト/Win 10 Home/Ryzen 7 5800HS/RTX3080/RAM16GB/SSD1TB (3月3日発売)
・GA503QM-R9R3060WS(21万9800円)
ムーンライトホワイト/Win 10 Home/Ryzen 9 5900HS/RTX3060/RAM16GB/SSD1TB (4月中旬発売)

 つまり本体カラー、CPU、ディスクリートGPU、メモリー(RAM)容量で差別化が図られているわけだ。

 これ以外のスペックはすべて共通。ディスプレーは15.6型WQHD液晶(2560×1440ドット、300cd/平方m、DCI-P3カバー率100%、アスペクト比16:9、リフレッシュレート最大165Hz)を搭載。

 インターフェースはUSB 3.2 Type-C Gen2×2、USB 3.2 Type-A Gen1×2、HDMI×1、有線LAN(1000BASE-T対応)×1、3.5mmコンボジャック×1、microSDメモリーカードスロット×1を搭載。ワイヤレス通信機能はWi-Fi 6(11ax)とBluetooth 5.1をサポート。生体認証としては電源ボタン一体型指紋認証センサーを採用している。

 本体サイズは355×246×19.9mm、重量は約1.99kg。90Whのリチウムポリマーバッテリーを内蔵しており、バッテリー駆動時間は約11.6時間、バッテリー充電時間は約1.8時間とされている。

 スペック的な最注目ポイントはやはりなんと言ってもCPU。最新の「Zen 3」世代のモバイルプロセッサーは処理性能と省電力性の両立が特徴。「ROG Zephyrus G15」がどのぐらいのパワーとバッテリー駆動時間を備えているかは、ベンチマークの章でじっくりと検証しよう。

天板はアルミニウム合金を採用。CNCフライス加工で8279個の非対称なドットデザインを実現。また下地、補強、着色、パールからなる4レイヤーエコシャイン塗装が施されている

底面はマグネシウム・アルミニウム合金製。なおフットプリントは前世代より約4%小さくなっている

超狭額ベゼルを採用することで、画面対本体比85%を実現

15.6型WQHD液晶ディスプレーは、輝度が300cd/平方m、色域がDCI-P3カバー率100%、アスペクト比が16:9、リフレッシュレートが最大165Hz。また、画像の乱れや不規則な変化を排除する「Adaptive-Sync」機能に対応する

実測したDCI-P3カバー率は99.2%、DCI-P3比は99.7%

86キーの日本語キーボードを採用

本体前面(上)と本体背面(下)。排気口は背面と左右側面の合計4ヵ所に設置。冷却機構の動作音は「ターボモード」で45dB以下に抑えられている

右側面にはUSB 3.2 Type-A Gen1×1、microSDメモリーカードスロット×1、セキュリティーロックスロット×1、左側面には電源端子×1、HDMI×1、有線LAN(1000BASE-T対応)×1、USB 3.2 Type-A Gen1×1、USB 3.2 Type-C Gen2×2、3.5mmコンボジャック×1が用意

ディスプレーの最大展開角度は180度

ディスプレーを開くと適度な角度がつくリフトアップヒンジ機構を採用。長文入力にももってこい

パッケージには、本体、ACアダプター、電源ケーブル、説明書類が同梱されている

ACアダプターのコード長は実測183cm、電源ケーブルの長さは実測90cm

ACアダプターの型番は「ADP-200JB D」。仕様は入力100-240V~2.5A、出力20V 10A、容量200W。なお、最大100WのUSB Power Delivery対応のACアダプターも使用可能だ

本体の実測重量は1990g

ACアダプターと電源ケーブルの合計重量は実測594g

タッチパッドが大型化&高速化して操作性が向上


 続きは「ROG Zephyrus G15 実機レビュー = Ryzen+RTX30搭載なのにスリム&軽量のゲーミングノート」でお楽しみください。

 なお、こちらの記事の続きを読めるのはASCII倶楽部会員の方限定です。

 ASCII倶楽部には、今回紹介した記事だけでなく、PCやスマホ、カメラ、テレビ、オーディオなどの会員だけが読める連載が更新されております! さらに、週刊アスキー 電子版の最新号から過去4年ぶん以上のバックナンバーが読み放題となっております。

会員制読み放題サービス
ASCII倶楽部(アスキークラブ)

■利用料金
月額 税込1080円
※毎月1日~末日までの利用料金として

■支払方法等
●クレジットカード
* VISAカード/MasterCard/アメリカン・エキスプレスカード/JCBカード
●auかんたん決済
●ドコモケータイ払い
●Amazon アカウント
※auかんたん決済、ドコモケータイ払いを選択された方は、3日間無料キャンペーンをご利用いただけません。 ※ご利用になる決済機関によって決済時期及び決済方法が異なります。
それぞれの決済機関が定める利用規約等をご確認ください。

■提供時期
月額利用料金の支払い後、すぐに利用可能。

■推奨環境 <端末・ブラウザ>
【PC】
・OS
Windows 7 以上 , Mac OS X 10.10以上
・ブラウザ
(Windows)Internet Explorer 11※Edgeは除く , Google Chrome最新版 , Firefox最新版
(Mac)Safari最新版
【スマートフォン】
・OS
iOS 8 以上 , Android 4.x以上
・ブラウザ
(iOS)Safari
(Android)Google Chrome

URL ASCII倶楽部

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

  • 週刊アスキー No.1329(2021年4月6日発行)

バックナンバー

  • 週刊アスキー No.1328(2021年3月30日発行)

  • 週刊アスキー No.1327(2021年3月23日発行)

  • 週刊アスキー No.1326(2021年3月16日発行)

  • 週刊アスキー No.1325(2021年3月9日発行)

  • 週刊アスキー No.1324(2021年3月2日発行)

注目ニュース

ASCII倶楽部の最新記事