このページの本文へ

ケーワイアイとタワーレコードが「バーチャルポップアップショップ」「バーチャルライブストリーミング」を共同運営開始

2021年03月05日 15時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Kotone(天神子兎音)

 ケーワイアイとタワーレコードは3月5日、バーチャルポップアップショップの共同運営を開始した。

 現在、コロナ渦による世の中のバーチャル化、リモート化が飛躍的に加速している。多人数集客型、接触型のイベントが魅力であるエンターテイメントイベントも急速にバーチャル化が求められる中、店舗での集客型イベントが販売の一翼をになうタワーレコードもバーチャルへのシフトという課題を抱えていた。

 その試みの一つとして、バーチャルでポップアップショップを展開することを可能とするパートナー企業を求めていたことから、技術と開発資源を提供するケーワイアイとコンテンツおよび宣伝力を提供するタワーレコードによる共同開発事情が実現した。

 そして今回、2020年12月23日にユニバーサルミュージックよりメジャーデビューした「Kotone(天神子兎音)」が最初の展開アーティストとして決定した。

 Kotone(天神子兎音)とは、エンターテイメントを通じて信仰を集めるためにYouTubeで動画投稿を始めた京都在住の神様。500歳。オリジナル曲「フーアーユーなんて言わないで」のMVは170万再生を突破。YouTube登録者は30万人超、全動画の累計視聴回数は6000万再生を超えている。ファンからの愛称は「子兎音様」「噛み様」。アーティストとしては「Kotone」名義で活動している。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ