このページの本文へ

主張:「アルゴリズム」を責任逃れの隠れ蓑にしてはならない

2021年03月05日 05時57分更新

文● Rumman Chowdhury

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

アルゴリズムに基づく意思決定が重要な場面で使われる機会が増えるにつれて、その社会的影響が問題視されるようになってきた。「アルゴリズム」と聞くと一般的に、客観的なデータに基づいて、人間には振る舞いを予測できないほど複雑な処理を実行していると思われがちであるが、実際にそうとは限らない。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ