このページの本文へ

個人用ビデオ会議製品で、プロフェッショナル品質の技術を持つ「Poly Studio Pシリーズ」発表

2021年03月04日 18時15分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Polyは3月3日、リモートワーク向けのプロフェッショナル品質を兼ね備えた個人用ビデオ会議製品「Poly Studio Pシリーズ」を発表した。

 Poly Studio Pシリーズは、リモートワークをコンセプトに開発した。新製品は「Poly Studio P5 Web カメラ」「Poly Studio P15 個人用ビデオバー」「Poly Studio P21 個人用会議ディスプレー」の3製品となっている。

 これらは Microsoft Teams、Zoom、GoTo by LogMeIn、GoTo by LogMeIn等のビデオ会議ツールにシームレスに接続できる。

なお、Poly Studio P5 Web カメラは、PolyのヘッドセットやPoly Sync スピーカーフォンとパッケージにした、「Poly Studio P5 キット」が提供される。セット内容は、Poly Studio P5 Web カメラと、ヘッドセット「Voyager」「PolyBlackwire ファミリー」「Poly Sync スピーカーホン」をセットにした3種類のキット。利用シーンに最適な組み合わせから選択できる。

 Poly Studio P5 Web カメラは、ビデオ会議用に最適化した光学ズーム、キャプチャー解像度1080pおよび4倍ズームを搭載。盗撮を防止できるプライバシーシャッター機能や指向性マイクを内蔵。ヘッドセット用のUSBポートもあり、接続が簡単になっている。

 Poly Studio P15 個人用ビデオバーは、ZoomおよびMicrosoft Teams認定を取得している。4Kの鮮明な映像と自動カメラフレーミング機能を持ち、搭載するNoiseBlock AI技術とマイクアレイは、ユーザーの声のみを集音し、邪魔になる他の音を除去。1台で高品質な映像と音声提供を実現した。

 Poly Studio P21 個人用会議ディスプレーは、ビデオ機能、音声機能、ディスプレーを1台に集約。カメラの光学系は、ビデオ会議用に最適化しており、自動低照度補正や鮮やかな色彩により高品質な映像を実現している。どのWindows PCやMacのビデオアプリでも使用可能で、ノートPCの2台目のディスプレーとしても活用できる。

 また、Poly Studio Pシリーズ各製品の提供開始時期は、Poly Studio P5 Web カメラとPoly Studio P15 個人用ビデオバーが受注受付中、Poly Studio P21 個人用会議ディスプレーが2021年内に順次提供開始予定となっている。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン