このページの本文へ

3月5日からサンプル販売開始

ヤマハ、世界最大サイズ・最高出力をうたう車載用熱電発電モジュールを開発

2021年03月04日 16時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ヤマハ車載用熱電発電モジュール「YGPX024」

 ヤマハは3月4日、自動車排ガスの熱エネルギーから発電できる熱電発電モジュール「YGPX024」を開発したと発表。3月5日から同製品のサンプル販売を開始する。

熱電発電モジュールの構造

 YGPX024は、モジュールの上下面を貫通する熱流により生じる温度差から電力を供給できる熱電発電モジュール。従来品と比べて高い出力密度を有しながらも、設置面積143×103mm²という大型化に成功し、1モジュールで最大143W出力の電力供給を可能とした。自動車搭載を想定した温度条件(高温側285度、低温側100度)においても、40Wの出力を得られるという。

「YGPX024」の構造

 モジュール本体は、自動車分野などの過酷な使用環境下での実用化に耐えるべく、独自の応力緩和構造とステンレスパッケージ封止構造を採用。これにより、自動車用途においては15万km走行相当の負荷に耐えうる高い信頼性を維持しつつ、業界最大サイズをうたう大型化を実現した。

 YGPX024は適度な柔軟性も有し、搭載時に良好な熱接触を得られるという。これにより搭載時の熱伝導性グリースの塗布が不要とした。また、独自のパッケージ封止構造により酸化防止・結露対策が不要となるなど、ユーザーにとって面倒だった搭載作業の軽減に成功。熱源と冷却面にはさみ、押圧するだけで発電可能とした。

熱電発電モジュールの応用例(自動車排ガスからの発電)

 本モジュールを自動車の排気管に設置すれば、排気ガスの熱エネルギーから発電が可能となるため、オルタネーターの負荷を低減させ自動車のCO2排出量を削減できるとしている。また、従来の熱電発電モジュールの場合、自動車向け用途では数十から数百個のモジュール搭載が検討されていたが、本製品の採用により大幅な数量削減が期待できるという。

熱電発電モジュールの活用例

 そのほか、工場排熱などの有効活用をはじめ、コジェネレーション、地熱や太陽熱を用いた発電などにも活用できるとしている。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン