このページの本文へ

UV除菌+吸引を組み合わせられる

ポーチに入れて持ち運べるUV除菌付きクリーナー「レイコップ GO」

2021年03月04日 18時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「UV除菌ポータブルクリーナー レイコップ GO」

 レイコップ・ジャパンは3月4日、「UV除菌ポータブルクリーナー レイコップ GO」を発売した。公式オンラインストアでの価格は1万9800円。

コードレスでどこでも使える

 本製品は、コードレスで持ち運びができるため、どこでも除菌・ウイルス除去・ダニ除去が可能。UV除菌と吸引を同時に行なう「UV除菌+吸引」モードに加えて、「UV除菌のみ」「吸引のみ」で使用できる。吸引によって吸いつきやすく操作しづらい衣服やカーテンは「UV除菌のみ」、車内のすき間やテーブルの上の掃除には「吸引のみ」、ベビーカーやふとんのお手入れは「UV+吸引」など、場所やモノに合わせた機能を使用できる。

「UV除菌のみ」UVヘッド+UVコネクター+バッテリーハンドル(およそ0.52kg)

「吸引のみ」ダストボックスセット+メインボディ+バッテリーハンドル(およそ0.69kg)

「UV除菌+吸引」UVヘッド+ダストボックスセット+メインボディ+バッテリーハンドル(およそ0.89kg)

各パーツを保護する4つの間仕切りがある専用ポーチが付属する

 医療現場でも除菌灯として使用されているUVランプ(波長253.7nm)の紫外線(UV-C)を搭載し、99.9%除菌・ウイルス除去、さらにUVヘッドを使用して吸引することで99.9%ダニ除去が可能としている。

 小型で強力なブラシレスDCモーターを採用。UVヘッド装着時はUV除菌ポータブルクリーナーとして、UVヘッドを外せばハンディーとして使用できる。本体内部にはHEPAフィルターを搭載し、0.3μmの超微粒粉塵をキャッチして、清潔な空気を排出する。ダストボックス、ゴミを取り除くメタルフィルター、HEPAフィルターは丸ごと水洗い可能。ダストボックス内のゴミは手を汚すことなく、ワンタッチで捨てられる。

ダストボックス、フィルターは丸ごと水洗い可能

ダストボックス内のゴミはワンタッチで捨てられる

 本体サイズは最大およそ幅523.5×奥行き169.0×高さ141.5mm、運転時間は、UVのみのモードではおよそ180分(およそ30分連続使用で一旦停止)、標準モードではおよそ28分、パワーモードではおよそ9分。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン