このページの本文へ

寅年生まれ肉食ナベコの「なんでも食べてみる」 第678回

激辛路線はストップした模様

丸亀製麺で「辛辛担々うどん」スタート!辛すぎないのが魅力

2021年03月04日 11時00分更新

文● ナベコ 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ヒパヒパ。アスキーのナベコです。最近、乾燥がひどいですね。もっと潤いがほしいと思う今日この頃です。

 丸亀製麺で3月2日から販売開始された「辛辛(からから)担々うどん」を食べてきました。讃岐うどんチェーン「丸亀製麺」では毎年「うま辛担々うどん」を出しており好評。今年は「うま辛担々うどん」と「辛辛担々うどん」を同時発売。

丸亀製麺の担々うどんが今年もスタート

 記憶に新しい方も多いと思いますが、かつて激辛メニューとして「うま辛辛辛辛辛担々うどん」(2018年)、「うま辛MAX担々うどん」(2019年)などが販売されてきました。昨年の‘20は辛いバリエーションは出ず「うま辛担々うどん」一本で、そして今年は「うま辛」と「辛辛」の二本展開です。

 時勢的にもやり過ぎをせずに……といったところでしょうか。なお今年の担々うどんは温うどんでのみ販売。冷うどんは今のところありません。

今年は「辛辛担々うどん」が新発売

丸亀製麺「辛辛(からから)担々うどん」
並628円/大728円/得828円 ※税別

丸亀製麺のお店で実食

 販売初日の丸亀製麺へ行ってきましたよ。

店舗には大きく担々うどんのポスター

「辛辛担々うどん」には「辛いほうはこちら。」と書かれています

 辛辛担々うどんの「並」を注文。

「旨辛」と区別するためでしょう、“辛”と書かれた札がおかれました

白濁したスープ。「辛辛」といっても見た目はわりとふつう

 丸亀製麺の担々うどんは白だしにごまペーストを加えた濃厚担々スープをベースに、かつおの粉、香味ラー油を加え、ピリ辛の鶏豚そぼろ、ほうれん草をトッピング。「辛辛」では、これに唐辛子やハバネロチリ、フライドガーリックなどを加えた「辛ジャン」でコクや辛みのインパクトを足します。

ねぎなどをのせました!

 セルフのブースでねぎ、しょうが、それと揚げ玉をのせっ、と。無料なので絶対薬味はのせちゃう。

肉味噌がたっぷりのっています。ほうれん草の彩りが◎

この赤いのが「辛ジャン」。そんなに量はのっていないので「そんな辛いのかなあ」という気もしますが

ベースのスープはマイルド

 担々うどんのスープはマイルドでクリーミー。ごまペーストが溶け込んでいてコク深く、イメージとしては豆乳担々うどんに近いです(白だしベースで豆乳ではないですが)。そこに、かつおの魚粉の風味が加わります。

グチャッと混ぜて……!
辛さはそこそこだけど

 辛みが強いのは赤~い辛ジャンの部分。少しずつ食べていって味の変化を楽しむのもアリですが、上品じゃなくてもいいかなとグチャッとかき混ぜてみました。

ワイルドな見た目に

 とんこつラーメンのような見た目です。

 混ぜると全体に広がるぶん、ピリリとした辛さはあるけれどセーフティーな味。辛ジャンはハバネロチリなどを使用しているということで、たしかに少量でも存在感がありますが、ベースがまろやかなので辛旨のバランスがいいです。

うどんは店舗で作っているのでモチつるで濃厚なスープによく絡みます

 生姜をきかせた肉味噌のごろごろ食感は担々うどんならでは。合うかな? と、なかば懐疑的に入れた天かすが想像以上によい役割。カリカリした食感がコク深いスープのアクセントになって、全体的に食感が楽しくなります。

辛いもの好きとしては辛さ度はそれほどだけど、魚粉の風味が隠れず丸亀製麺らしいおいしさ

 ポイントは、かつおの魚粉。担々麺風であるのに和を感じる、まるみある味わいにまとまっている一番の理由は、魚粉でしょう。今回の辛辛担々うどんは、辛さもきいているものの、魚粉の風味を覆うほどではありません。丸亀製麺の担々うどんらしい風味が活きています。

 辛辛担々うどんは、攻めた辛さではないけれど、丸亀製麺ならではの持ち味をキープした正解の一杯。

うどん札が弥生に。季節を感じます。

 ……と、「あまり辛くありません」といったことを書いてきましたが、私は日常的に粉唐辛子を料理に多用する辛いものラバーなので、刺激的な味が苦手な人にとってはガツンと辛いかもしれません。辛さの感覚は人によって異なるので……。

 もし、辛すぎると感じたら温泉玉子(64円)か生玉子(64円)を追加しましょう。また、天かすを多めに入れると辛い感じが抑えられます。天かすはかなりオススメです。

なんと「辛辛あさりうどん」もやっている

辛さ控えめの「うま辛担々うどん」も選べる

 なお、「辛辛」じゃないふつうのほうの「うま辛担々うどん」(並610円~)も発売中。肉味噌が若干辛いけれど「辛ジャン」が入っていないため濃厚クリーミーなスープでそこまで辛さを気にせずいただけると思います。

同じく3月2日にスタートしたのは「あさりうどん」

 同じく季節限定のうどんとして「あさりうどん」(並564円~)「辛辛あさりうどん」(並628円~) も発売中。なんとあさりうどんも「辛辛」にできるんです。

「あさりうどん」

「辛辛あさりうどん」

 あさりうどん自体はこの時期のメニューとして珍しくないですが、辛いあさりうどんは意外性ありますね。また食べにこなきゃっと!

 今日紹介したメニューはいずれも期間限定です。気になった方はお早めに。また一部店舗では扱いがない場合があるので、詳細はお近くの店舗でご確認くださいね。

 おっと、最後に……。「うま辛担々うどん」「辛辛担々うどん」は持ち帰り可能。おうちでの食事にも活用できますよ。よいごはんライフを!

※記事中の価格は“税別”です

■関連サイト


■「アスキーグルメ」やってます

 アスキーでは楽しいグルメ情報を配信しています。新発売のグルメネタ、オトクなキャンペーン、食いしんぼ記者の食レポなどなど。コチラのページにグルメ記事がまとまっています。ぜひ見てくださいね!

 ご意見、要望、ネタ提供などはアスキーグルメ公式Twitterに
 →アスキーグルメ (@ascii_gourmet)

カテゴリートップへ

この連載の記事
もぐもぐ動画配信中!
アスキーグルメ 最新連載・特集一覧