• Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

メインコンテンツは「DRAGON BALL」のゲーム3タイトルが集結した世界最高峰の熱い闘い!

3月7日に配信!オンラインイベント「DRAGON BALL Games Battle Hour」の全容が判明!!

2021年03月02日 18時10分更新

文● ASCII

 バンダイナムコエンターテインメントは3月2日、集英社/東映アニメーションとともに、世界中の「DRAGON BALL」ファンに向け、さまざまな「DRAGON BALL」のコンテンツを集結させた全世界同時配信型(一部の国と地域を除く)オンラインイベント「DRAGON BALL Games Battle Hour」の詳細を発表。

 本イベントでは、5つのチャンネルが用意され、各チャンネルからそれぞれ異なるコンテンツが配信されるという。配信日時は、日本時間2021年3月7日3時~15時までとなる。

「DRAGON BALL Games Battle Hour」公式HPhttps://dbgbh.bn-ent.net/
【開催日時】日本時間2021年3月7日3時~15時

以下、リリースを引用

本イベントのメインコンテンツは「DRAGON BALL」超人気ゲーム3タイトルが集結した世界最高峰の熱い闘い!

 「DRAGON BALL」ゲームの中でも、とくに熱い「対戦」が楽しめる、家庭用ゲーム『ドラゴンボール ファイターズ』、トレーディングカードゲーム『DRAGON BALL SUPER CARD GAME』、スマートフォン向けゲームアプリケーション『ドラゴンボール レジェンズ』の3タイトルが集結いたします。

 それぞれのゲームタイトルの特性にあわせ、この日のために用意された特別なチーム構成や試合形式のもと、各ゲームタイトルにおける世界トップレベルの選手たちが参集し、その闘いの様子は2ヵ国語(日本語・英語)で、全世界同時に生配信されます。


 家庭用格闘ゲーム『ドラゴンボール ファイターズ』は、日本、フランス、アメリカ西部、アメリカ東部、スペインの5つのエリアから選出されたトップ選手による4つのグローバルチームを結成し、闘いに挑みます。

 各地域での対戦をリレー方式で生配信! エリアと時間の垣根を超えたこの闘いは見逃せない!


 トレーディングカードゲーム『DRAGON BALL SUPER CARD GAME』は、8名の各エリア大会のチャンピオン が集結!トーナメント方式で、各選手が優勝を目指します!

 MC・コメンテーターがともに至高の闘いを盛り上げつつ、丁寧にルールを解説しながら進行するので、カードバトルを初めて観る方も存分に楽しめる内容となっております!


 スマートフォン向けゲームアプリケーション『ドラゴンボールレジェンズ』は、2019年にラスベガスで開催された世界大会メンバーが再集結! そして、その世界大会メンバーに『ドラゴンボール レジェンズ』運営開発チームが対決を挑みます!

 また、豪華メンバーが4択クイズで『ドラゴンボール レジェンズ』の知識と愛の深さを競いあうプログラムや、事前にファンから募集した質問にプロデューサーのTOSHI氏が回答するコーナーも展開! 盛りだくさんの内容でお届けいたします!


 各タイトルにおける世界最強の選手たちによる、世界最高峰の熱戦から目が離せない!!

ゲームだけじゃない! この日しか出会えない「DRAGON BALL」の魅力が凝縮されたコンテンツが目白押し!

 本イベントでは、ゲームのみならず、バンダイナムコグループの「DRAGON BALL」の商品が勢ぞろいし、さまざまな角度からお楽しみいただけるよう、バラエティ豊かな施策をお届けいたします。この日のために用意された、「DRAGON BALL」の魅力が凝縮されたコンテンツを、どうぞお見逃しなく!

■この日限りの特別映像!

 悟空の目線で「DRAGON BALL」の世界を飛び回る特別映像や、歴代「DRAGON BALL」のゲーム内での“かめはめ波”のシーンばかりを100個集めた特別映像をご用意。「DRAGON BALL」の世界に飛び込もう!

「DRAGON BALL」の世界を飛び回る特別映像(イメージ)
※画像は開発中のものです。

歴代「DRAGON BALL」のゲーム内での“かめはめ波”のシーンばかりを100個集めた特別映像(イメージ)
※画像は開発中のものです。

■3つのチャレンジ! SPECIAL CONTENTS

 イベント開催時間内に与えられたミッションをクリアできるか!? 3つの「挑戦」を見続けることができるスペシャルコンテンツを展開。

① ジオラマアートチャレンジ
 作家の荒木さとし氏が12時間で「DRAGON BALL」のシーンを再現したジオラマを制作! どんなシーンがその手によって出来上がるのか、素晴らしい職人技をご堪能ください。

② プロデューサーゲームクリアチャレンジ
 歴代「DRAGON BALL」ゲームプロデューサーが集結! 力をあわせて、1つのゲームを12時間でクリアします!

③ モザイクアートチャレンジ
 事前にユーザーの皆様から募集した「思い出のゲーム画像」を使って、モザイクアートを完成させるチャレンジも。あなたの投稿した1枚はどのピースになるのでしょうか?

 挑戦の先の感動を一緒に体験しよう!

ジオラマアートチャレンジ(イメージ)

■完成品フィギュアブランドTAMASHII NATIONSでは本イベントのデジタルブースが公開中!

 TAMASHII NATIONSのデジタルブースでは、家庭用ゲーム『ドラゴンボール ファイターズ』からフィギュア化してほしいキャラクターを投票する企画や、ゲーム内での熱い闘いをフィギュアで再現したコラボムービー、フィギュア商品情報が目白押しとなっています。ぜひお越しください!

デジタルブースはこちら:https://bit.ly/3kcB1Z5

アクションフィギュアブランド S.H.Figuarts のドラゴンボールファイターズの商品化希望投票

ゲーム内での熱い闘いをアクションフィギュア S.H.Figuarts で再現したコラボムービーも公開予定

■本イベント公式物販サイトでしか購入できない「DRAGON BALL Games Battle Hour」オフィシャルグッズ販売!

 本イベントのキービジュアルを使用したオフィシャルグッズを2021年3月1日から期間限定で販売!

商品説明
「DRAGON BALL Games Battle Hour」オフィシャルTシャツ。
イベントキービジュアルをプリントしたオフィシャルTシャツ2種。
カラーはブラック。記念に残したくなるデザインワークです

開催記念商品
「S.H.Figuarts スーパーサイヤ人孫悟空クローン
-DRAGON BALL Games Battle Hour Exclusive Edition」

■ハーフタイムショーで「影山ヒロノブ Special Live」の開催が決定!

 「DRAGON BALL Games Battle Hour」ハーフタイムショーとして、「DRAGON BALL」オープニング曲「CHA LA HEAD CHA LA」や、「DRAGON BALL Z」オープニング曲「WE GOTTA POWER」などの数々のアニメソングを歌う、日本のアニソン界を代表する「影山ヒロノブ Special Live」の開催が決定いたしました。

バトルをより熱くする! オンラインアリーナ登場!

 本イベントでは、視聴だけにとどまらない、世界中の「DRAGON BALL」ファンの皆様によるインタラクティブな参加体験をもうひとつの基軸に据え、大会開催中、ユーザー同士がオンライン上で応援・交流できる「オンラインアリーナ」を開設いたします。

 「オンラインアリーナ」の舞台上には大型モニターが設置されており、参加ユーザーは自身の分身となるアバターで、感情を表す「エモート」機能などを利用しながら、熱い対戦を繰り広げる選手をファン同士で応援したり、「DRAGON BALL」への想いを共有しあったりすることができ、リアルイベントのような一体感を味わっていただけます!

 家庭用ゲーム『ドラゴンボール ファイターズ』の試合では4つのチームのチームカラーの「道着」を着て応援アピールも可能です!

オンラインアリーナ(イメージ)
※画像は開発中のものです

「DRAGON BALL Games Battle Hour」開催概要

 本イベントは、指定のプラットフォームより、オンラインにてご視聴いただけます。視聴方法の詳細に関しましては、「DRAGON BALL Games Battle Hour」公式HP(https://dbgbh.bn-ent.net/)をご確認ください。

イベント名称:DRAGON BALL Games Battle Hour
日時:日本時間2021年3月7日3時~15時
展開予定プラットフォーム:iOS/Android/Microsoft Windows/macOS
配信エリア:全世界同時配信(一部の国と地域を除く)
イベント公式HPhttps://dbgbh.bn-ent.net/
 Twitterhttps://twitter.com/db_eventpj_jp/
 Instagramhttps://www.instagram.com/db_eventpj_jp/

「DRAGON BALL Games Battle Hour」タイムテーブル(JST)

 
この記事をシェアしよう

ASCII.jpの最新情報を購読しよう