このページの本文へ

篠原修司のアップルうわさ情報局 第617回

iPhone 12 miniの売れ行きは悪いが、iPhone 13 miniは計画通り発売?

2021年03月01日 11時30分更新

文● 篠原修司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルのiPhone 12シリーズのなかで一番サイズの小さなiPhone 12 miniの売れ行きが悪いとのニュースが流れているが、iPhone 13 miniは計画通りに発売されるという。著名リーカーのJon Prosser氏が自身のYouTubeチャンネルで2月13日に語った。

 同氏は動画の中で、iPhone 12 miniの売れ行きの不調にふれながらも、iPhone 13 mini、またはiPhone 12s miniは予定通り発売されると主張。

 理由として、売れ行きが不調なのは同年前半にiPhone SE(2020)が発売されたからで、匿名の情報筋からもアップルがそのフォローアップに取り組んでいることをつかんだことを挙げている。

 iPhone 13はディスプレー内指紋認証機能が搭載されるとのうわさがあるため、iPhone SE(2020)からの乗り換え先として十分だ。

 

筆者紹介:篠原修司

1983年生まれ。福岡県在住のフリーライター。IT、スマホ、ゲーム、ネットの話題やデマの検証を専門に記事を書いています。
Twitter:@digimaga
ブログ:デジタルマガジン

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中