このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

石川温のPCスマホニュース解説 第103回

「1880円20GB」格安の意地見せたIIJmio

2021年02月26日 09時00分更新

文● 石川温 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 窮地に追い込まれたMVNOが意地を見せている。

 3キャリアが相次いで月額3000円以下のオンライン専用プランを発表する中、存在感が薄くなりつつあった格安スマホを展開するMVNOが、ここに来て、相次いで料金プランを改定してきた。MVNOと3キャリアとの料金差が一気に縮んだことになるが、なんとか巻き返しを図ってきたのだ。

 たとえば、日本通信が他社に先駆けて20GBを1980円(税抜き・以下同)で提供したことで、mineoやJ:COM MOBILEも1980円で追随した。1回5分までのかけ放題がつくahamoと比べて1000円、かけ放題のないpovoやLINEMOに比べれば500円の差となっている。

 さらに踏ん張りを見せたのがIIJmioだ。

 20GBに関しては1880円と、他のMVNOよりも100円安い。

 さらに他社を圧倒したのが低容量のプランだ。2GBで780円、4GBで980円、8GBで1380円は、相当攻めた料金設定だ。実際にmineoでは1GBで1180円、5GBで1380円だから、金額的、容量的に他社と比べてもインパクトがある。

 「IIJ、ちょっと安すぎはしないか」という疑問がわくが、IIJ MVNO事業部、亀井正浩コンシューマーサービス部長は、「MNOが提示してくる新たな接続料を見てからプランを検討していては遅くなると判断した。我々でデータ接続料や音声卸料金を予想して今回の料金を設定した」と語る。

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン