このページの本文へ

写真家の井上浩輝氏、別所隆弘氏のインタビューなどを掲載

raytrek「CP+2021」に出展 インタビューやオススメPC診断を特設サイトで公開

2021年02月25日 15時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 サードウェーブは2月25日、同日から開催しているカメラと写真映像のワールドプレミアショー「CP+2021」に出展すると発表した。CP+2021の開催期間は2月28日まで。

 CP+2021オンラインの「raytrek」特設サイトでは、パソコンと写真・映像機器の関連性を紹介。特設サイトでは、審査制写真投稿サイトを運営する「東京カメラ部」と、raytrekの特別監修モデルに携わった写真家の井上浩輝氏、別所隆弘氏を迎えた特別インタビューも公開した。あわせて、井上氏と別所氏がレタッチの際に気を付けているポイントとともに、レタッチのビフォー・アフター画像も掲載する。

 特設サイト内ではほかにも、写真や動画を撮影しているユーザーに、どのraytrekモデルが適しているかを判断する「オススメPC診断」などを公開している。公開期間は3月31日まで。

 2月28日10時からは、東京カメラ部の代表である塚崎秀雄氏と、井上氏ならびに別所氏を招いたYouTube生配信を実施する。生配信では、Adobe Photoshop Lightroomや、DaVinci Resolveを活用した実演ムービーを公開するほか、1時間のトークショーも実施する。配信ページはこちら

カテゴリートップへ

関連サイト
コンテンツ