このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

鳥居一豊の「コンパクトスピーカーが好き!!」 第9回

熟成された音、DALI 「MENUET SE」で聴く「交響組曲 宇宙戦艦ヤマト2202」

2021年02月27日 15時00分更新

文● 鳥居一豊 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

4世代を重ね、熟成されたDALIの音

 小型スピーカーのメリットは数多い。コンパクトで設置しやすいことにはじまって、小型ゆえバッフル面積も小さいので不要な反射が少なく音場の再現で有利。現代のモデルならばコンピュータシミュレーションや解析技術の進歩で小口径のウーファーでも十分な低音再生能力が得られる。などなど挙げていけばキリがない。そんな小型スピーカーの数々を紹介していくこの連載。今回はデンマークのスピーカーメーカー、ダリの「MENUET SE」(価格18万4000円/税抜)を紹介する。

 ダリは1983年創業のスピーカーメーカーで、その名称は「Danish Audiophile Loudspeaker Industries」に由来する。デンマークの広大で豊かな森林から産出される木材をいかし、高級家具のように美しく仕上げられた筐体もひとつの特徴だ。そして、スピーカー作りのテーマとして“Musical Emotion”を掲げ、オーディオ装置の存在を感じさせずに、もっと気軽に音楽を心から楽しんでもらうこと目指したスピーカー作りをおこなっている。

 スピーカーの研究開発では、周波数特性だけでなく位相特性にも注目し、ドライバーユニットとネットワーク回路の完全なマッチングを追求。フラットなインピーダンス特性を持つため、アンプにやさしい設計となっているという。

 そんなダリのスピーカーも日々進化してきているが、MENUET SEは1992年発売の「150 MENUET」以来、30年近く世代を重ねてきた伝統的なモデルだ。現行のMENUETは第4世代にあたり、MENUET SEはさらなるチューニングを施したスペシャル・エディションとなる。

 MENUET SEの一番の違いは、外観の仕上げだ。木目が印象的なワイルド・ウォルナット・ハイグロス・フィニッシュとなっている。光沢感のある艶やかな仕上げは多層塗りで仕上げられており、音質への影響も大きいだろう。見た目の印象も上質感も大幅に高まっている。

 そして、ネットワーク回路を改善。音質への影響の大きなコンデンサーを変更し、上級機で使われるような高級パーツとしている。これらにより、音質的なポテンシャルをさらに引き出すべくチューニングされている。このほか、背面にあるスピーカー端子も上級グレードのシリーズで使われているタイプに変更している。

[MENUET SEの主なスペック] ●形式:2ウェイ2スピーカー・バスレフ型●インピーダンス:4Ω●再生周波数帯域:59Hz〜25kHz●出力音圧レベル:86dB 2.83V/m●サイズ:幅150×高さ250×奥行き230mm●質量:4kg

前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン