このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

冷却にこだわりたいならイチオシ、高負荷なタイトルでもしっかり冷える!

水冷化したRTX 3090で「サイバーパンク2077」などAAAタイトルも快適、デュアル水冷仕様のゲーミングPC「G-Master Hydro」

2021年02月19日 11時00分更新

文● 宮里圭介 編集●八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「G-Master Hydro Z490」

 性能が高いCPUやビデオカードほど発熱は大きくなってしまうが、これを静かに、そして強力に冷却してくれるのが水冷クーラーだ。

 CPUでは汎用的に使える簡易水冷クーラーが多く発売されていること、またハイエンドCPUでは水冷クーラーの利用が推奨されているため、多くの人が水冷CPUクーラーの利用を検討しているだろう。

 しかし、もう1つの発熱源となるビデオカードは、水冷化するのが難しい。基本的にクーラーがビデオカードと一体化されているため、CPUほど簡単にクーラーの換装ができないというのが主な理由だろう。また、もし換装できたとしても、パーツの動作保証外の使い方となってしまうため、高価なビデオカードの故障時に困ってしまうわけだ。

 最初から水冷クーラー搭載のビデオカードを探すのが最も安全なのだが、すると今度は製品数が限られてしまうため選びにくく、そして何より高価になりがちだというのがネックになる。

 自作PCファンであれば、こういったパーツ選びもクーラー換装も楽しめるのだが、純粋に、静かで高性能なゲーミングパソコンがほしいという人にとっては、単にリスクの高い作業でしかない。できることなら避けたいものだろう。

 こういった人にオススメなのが、CPUもビデオカードも最初から水冷化されているパソコンの購入だ。その1つが、サイコムの「G-Master Hydro」シリーズだ。

 G-Master Hydroシリーズは、120㎜ラジエーターの水冷CPUクーラーに加え、サイコム独自の水冷化改造が加えられたビデオカードを搭載することで、デュアル水冷PC化を実現。高負荷時でも騒音が抑えられているため、とくにハイエンド構成のパソコンがほしいという人に人気のモデルとなっている。

 今回は、GeForceシリーズ最強クラスのGeForce RTX 3090を水冷化した「G-Master Hydro Z490」を例に、デュアル水冷パソコンの魅力に迫ってみよう。

ケースはFractal Designの「Define 7 TG Clear Tint」を採用

試用機の主なスペック
CPU Core i9-10900K(3.7GHz~最大5.3GHz)、10コア/20スレッド(サイコムオリジナルASETEK 650LS RGBポンプ仕様 + Enermax UCTB12P [水冷ユニット] ※メンテナンスフリー)
グラフィックス GeForce RTX 3090(サイコムオリジナル水冷静音仕様)
メモリー 16GB
ストレージ 521GB SSD(M.2接続/NVMe対応)
マザーボード Z490チップセット
PCケース Define 7 TG Clear Tint
内蔵ドライブ
通信規格 有線LAN(1000BASE-T)
電源 SilverStone SST-ST85F-GS V2(850W/80PLUS GOLD)
OS Windows 10 Home(64bit)

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ