このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

小さな会社の兼任IT担当者、ネットギア「Insight」で社内ネット環境を整える 第8回

古いルーターをビジネス向けVPNルーター「NETGEAR Insight BR200」に置き換える

「NETGEAR Insight」でオフィスの新しいVPNルーターも簡単設定

2021年02月16日 08時00分更新

文● 谷崎朋子 編集● 大塚/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(※このストーリーはフィクションです。ネットギア以外の実在する人物・組織には一切関係ありません)

部長の説得に成功、新しいルーターに買い換えたぞ!

 先日、「NETGEAR Insightクラウドポータル」で調べた社内ネットワークのトラフィック画面をレポートにまとめて、営業部長に新しいルーター購入の稟議を上げたケンタロウ。想像していたよりも多くの社員がネットワークを使うようになっており、ネットワークが遅くなっていることを説明した。

 「あーたしかに、ネットワークが妙に遅く感じることがあるな。そういう理由だったのか」。部長はすんなりと納得し、このくらいの出費で快適に仕事ができるようになるなら問題ない、とすぐに承認してくれた。やった、わざわざレポートを作って見せた甲斐があった!

 ケンタロウが購入の稟議を上げた新しいルーターは、ネットギアの「BR200」だ。これまでゴチソー弁当オフィスでは古い家庭用無線LANルーターを使ってきたが、ネットワークを利用する社員が増えてきて処理能力に無理が生じていた。ほんの少しだけ値は張るが(NETGEARの公式ストアでは2万4000円ほどだった)、処理性能と安定性を重視してビジネス向けのルーターを選んだのだ。

 ――それと、いまいちITに詳しくないケンタロウにとっては、スマホアプリのInsightで設定や管理ができるのも安心材料だ。自分で無線LANアクセスポイントが導入できたのだから、ルーターもきっと大丈夫だろう。

 ネットで注文してから数日後、待望のルーターが届いた。ケンタロウはワクワクしながら箱を開封する。まずは設置するところから始めよう。

中小規模のオフィスや店舗に適したビジネス向けルーター

 ルーターは、社内のネットワーク(LAN)とインターネットを接続して“橋渡し”してくれるネットワーク機器だ。社内ネットワークに接続されている複数のPCやモバイルデバイスがインターネットにアクセスする際には、すべてこのルーターを経由することになる。

 そのため、ネットワークを利用するデバイスが多くなってやり取りされる通信データ(トラフィック)が増えると、ルーターの処理負荷も高くなっていく。ルーターの処理性能が十分でなければトラフィックがさばききれなくなり、やがて「ネットワークが遅い」と感じるようになる。特に企業では、ネットワークの反応が悪くなるとそのまま仕事効率のダウンにつながってしまう。

 ネットギアの「NETGEAR Insight アプリ&クラウド ビジネスルーター BR200」は、中小規模のオフィスや店舗に適したビジネス向けVPNルーターだ。無線LANアクセスポイントと同じように、スマートフォンの「NETGEAR Insightアプリ」から簡単にセットアップや稼働状態の監視ができる。ゴチソー弁当社のように、専任のIT担当者がいなくても簡単に使えるビジネスルーターなのだ。

NETGEAR Insight アプリ&クラウド ビジネスルーター BR200。白い本体が特徴的だ

 箱の中にはBR200本体のほか、電源アダプター、LANケーブル、壁掛けキット、ラックマウント用キット、卓上設置用のゴム足、インストールガイド、ユーザー登録のお知らせが同梱されている。本体サイズは幅31.4×奥行18.8×高さ4.4(cm)で、重量は1.55kg。白色で角が丸みを帯びたデザインなので、壁掛けでも卓上でもオフィスに自然と溶け込むだろう。

 BR200の本体正面には、ネットワークやInsightクラウドとの通信状態を示すLEDランプだけが配置されている。背面には電源スイッチと、WAN(インターネット)×1、LAN×4のギガビットEthernetポートが配置されている。

BR200の同梱品。電源アダプターや壁掛けキットの色も白で統一

BR200の背面。WANポート×1、LANポート×4が並ぶ。いずれもギガビットのポートだ

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事