このページの本文へ

ドコモとJR東日本、時速360kmの新幹線試験車両で5G通信の成功を確認

2021年01月28日 15時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NTTドコモと東日本旅客鉄道(JR東日本)は、新幹線試験電車(ALFA-X)を用いた5Gの通信実験において、国内最高速である時速360kmでの通信に成功したことを発表した。

 高周波数帯を用いる5G通信では、高速移動時にドップラー効果や遮蔽物の影響を受けて、通信が不安定になりやすい。しかし、ドコモは2017年から実証実験を進め、国際標準仕様に準拠した実験装置で良好な通信が可能だったとする。

 実験を実施したのは2020年10~12月の期間で、東北新幹線の仙台ー新青森間の一部区間。用いた周波数は4.85GHz帯としている。基地局は線路沿いに2ヵ所用意し、通信速度は下り最大500Mbps以上、上り最大100Mbps以上を達成。4Kと8Kの映像コンテンツを安定してストリーミング伝送できたとのこと。

 

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン