このページの本文へ

Apple Watchで心電図アプリが利用可能に

2021年01月27日 16時15分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルは1月22日、Apple Watchにて心電図アプリケーションが利用可能となったと発表した。

 iOS 14.4とwatchOS 7.3のリリースにより。Apple Watch Series 4/5/6にて日本でも心電図アプリケーションの利用が可能となる。裏蓋にあるクリスタルとDigital Crownに組み込まれている電極が心電図アプリケーションと連係して第Ⅰ誘導心電図に類似した心電図を記録。心電図アプリケーションを開いてDigital Crownに指をあてると回路が機能し、心臓を通る電気信号が記録され、30秒後に心拍リズムは心房細動、洞調律、低心拍数、高心拍数、判定不能のいずれかに分類。

 また、Apple Watch Series 3以降に内蔵されている光学式心拍センサーを利用することで、不規則な心拍の通知機能する機能も実装された。心房細動(AFib)の兆候がないか、バックグラウンドでユーザーの心拍リズムを時折チェックし、最低65分以上の時間をかけて5回の心拍リズムのチェックを行なうことで不規則な心拍リズムが検出されるとユーザーに通知する。

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中