このページの本文へ

直販価格は10万9800円(税抜き)から

マウス、従来機比8.4%スリム化したGeForce MX350搭載15.6型ノート「mouse K5」

2021年01月27日 11時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 マウスコンピューターは1月27日、15.6型ノートパソコン「mouse K5」の販売を開始した。

 CPUにCore i7-10750Hを、GPUにGeForce MX350を採用。狭額縁デザインや、高エネルギー密度のリチウムポリマーバッテリーを搭載することで、従来製品(m-Book K700)と比較して、幅、奥行き、高さをそれぞれ小型化。およそ8.4%スリムになったという。

 またCPU処理性能は従来製品と比較しておよそ7.1%、グラフィックス性能はGeForce MX250搭載モデルと比較しておよそ11.8%向上。画像編集や動画変換など、複数のデジタル変換処理が並列実行される環境でも、高い処理性能を発揮できるとする。

 また、バッテリー動作時間も従来製品と比較しておよそ4.1時間伸び、最大11.5時間のバッテリー駆動時間を実現している。

 インターフェースとしては、USB 3.1(Type-C)端子、USB 3.0(Type-A)端子、USB 2.0(Type-A)端子、HDMI端子、Mini DisplayPort端子、有線LAN端子などを搭載。SDスロットを搭載し、Wi-Fi 6での通信に対応する。

 主なスペックは以下の通り。

mouse K5:Windows 10 Home(64bit)、Core i7-10750H、GeForce MX350、16GBメモリー、512GB SSD(M.2 NVMe)、15.6型ディスプレー(1920×1080ドット/ノングレア)、直販価格10万9800円(税別)

mouse K5(32GBメモリ搭載モデル):Windows 10 Home(64bit)、Core i7-10750H、GeForce MX350、32GBメモリー、512GB SSD(M.2 NVMe)、15.6型ディスプレー(1920×1080ドット/ノングレア)、直販価格11万9800円(税別)

カテゴリートップへ