このページの本文へ

キヤノン、MR用ヘッドマウントディスプレーのエントリーモデル発売

2021年01月26日 19時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

MREAL S1

 キヤノンは1月26日、MR用ヘッドマウントディスプレー「MREAL(エムリアル)」シリーズのエントリーモデル「MREAL S1」を2月下旬に発売すると発表した。

 MREALシリーズはヘッドマウントディスプレーに内蔵されたカメラが捉えた目の前の映像(現実映像)と仮想空間の3D CG(仮想映像)をリアルタイムに合成する「ビデオシースルー型」のヘッドマウントディスプレーを装着し、現実空間に3D CGを表示するMRシステム。

CG映像を融合した例

 加えて、高い処理能力を備え、複雑で高度な処理を安定して行なうノート型コンピューター「モバイルワークステーション」の対応により、容易に持ち出すことができ、さまざまなシチュエーションでの使用が可能。さらに、遠隔地間でCGを共有することもできるとのこと。

 本製品はシリーズ最小・最軽量を実現した初のエントリーモデル。サイズはおよそ幅186×奥行250×高さ138mm(折り畳み時)で質量はおよそ338g(ヘッドマウントユニット含む、ディスプレー部のみの質量はおよそ137g)。使用時の負担を軽減し快適な装着感を実現したという。価格はオープン価格。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ