このページの本文へ

プラズマクラスター冷蔵庫の新モデル2機種を発売、シャープから

2021年01月26日 16時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 シャープは1月26日、プラズマクラスター冷蔵庫2機種、SJ-MF46Hを3月11日、SJ-MW46Hを4月8日に発売すると発表した。価格はいずれもオープンプライス。
 
 本機は、高さ1838×幅650×奥行630mm、内容積457Lの薄型設計に加え、食器棚やインテリアに調和しやすいメタルドアと木目調ハンドルを組み合わせたデザインを採用している。

 奥行を薄型化したことで庫内が見渡しやすくなっているので、食品の使い忘れや普段のお買い物のムダを減らすことが可能とのこと。

 また、まとめ買いや作り置きに便利な2段構造のチルドルームを搭載。お刺身やチーズなどの食品は、密閉構造を採用した上段の「うるおいチルド」に保存。作り置き総菜は「作りおき急冷」で粗熱をとった後、-2℃~0℃の低温制御を実現した下段の「作りおきルーム」に保存することで、菌の増殖を抑えて食品の鮮度を保つことが可能。

 さらに、本体前面に搭載された人感センサーと音声対話を連携させたAIoT機能では、本体の前で、冷蔵庫と話しかけると音声対話モードが起動するウェイクワードに対応することで、特売情報の確認や献立相談などの対話が可能。

 好評の使いやすい場所に配置した真ん中レイアウトの雪下シャキット野菜室や、まとめ買いのニーズに対応した「メガフリーザー」も採用しているとのこと。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン